俳優イ・グァンス、広告界のプリンスとして浮上…相次ぐグローバルなラブコール

俳優イ・グァンス、広告界のプリンスとして浮上…相次ぐグローバルなラブコール

韓国俳優イ・グァンス(29)が、広告界のプリンスとして浮上している。

イ・グァンスは最近、ITや菓子、医薬品、アパレル、生活家電、コスメ、アクセサリー、食品、ゲーム、コーヒーなど各分野から広告オファーが殺到している。中国大陸はもちろん、香港やシンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナムなど国境を越えてラブコールが相次いでいるのだ。

広告業界には「イ・グァンス効果」という言葉があるほど、彼に大注目。彼が出演した香港ネスレ「FRUTIPS」のCM映像が先ごろ、香港Youtubeで「2015シーズン1最高の広告賞」を受賞するなど、イ・グァンスがモデルとして活動した海外広告が、相次いで良い反応を得ている。

ある業界関係者は「イ・グァンスの明るく、健康的なイメージが製品に良い影響を与えているのはもちろん、バラエティを通して見せるユニークな面、映画やドラマの中で見せる真剣な姿など、多様なイメージを持ち合わせていることから、広告界で人気を博している。彼は、老若男女幅広い層に愛される魅力がある韓流スター」と伝えた。

これに、イ・グァンスの所属事務所キングコングエンターテインメント側は、多数のラブコールを受けながらも、作品活動を最優先に考え、慎重ながらも綿密に検討中とのことだ。

イ・グァンスがアジアを制圧する”現在進行形”の歩みを見せているだけに、彼に向けられる熱い視線はさらに加速するものと予想される。

一方、イ・グァンスは映画「突然変異」の公開を控えており、中国・湖北衛星TVのバラエティ番組「如果」は来る7月2日に初放送を迎える。

WOW!korea提供

2015.06.19

blank