「公式」チ・チャンウク&ウィ・ハジュン&イム・セミ、Disney+「The Worst of Evil」に出演

「Disney+(ディズニープラス)」オリジナルシリーズ「The Worst of Evil(原題:最悪の悪」が2023年公開を確定し、爆発的なシナジーを予告するキャスティングラインナップを公開した。
「The Worst of Evil」は日中韓の麻薬取引のトライアングルを一網打尽にするために韓国ソウルで始まった捜査を扱った犯罪アクションドラマだ。


「あなたの願いを言えば」「アンナラスマナラ-魔法の旋律-」「都会の男女の恋愛法」「コンビニのセッピョル」「THE K2」など数多くの作品でアクションやコミック、ドラマにかかわらず、多彩なスペクトルのキャラクターを完ぺきに演じて信じて見る俳優として定着したチ・チャンウクが、麻薬捜査のため組織に潜入することになった警察官カン・ジュンモ役を引き受けて演技人生において最も強烈な変身を披露する予定だ。これに「イカゲーム」「Bad and Crazy」と映画「ミッドナイト」「コンジアム」などをはじめ、最近話題を呼び起こしている「シスターズ」まで、息つく暇もない演技で一般大衆の愛を受けているウィ・ハジュンが新興犯罪組織のボスであるチョン・ギチョル役に扮してはばかることの内魅力と個性あふれるキャラクターを披露する。また、「The Empire:法の帝国」「危機のX」「天気が良ければ訪ねて行きます」など、役割ごとに繊細なキャラクターの分析と内的な演技で視聴者を引き込むイム・セミが、麻薬捜査に参加する警察官であるカン・ジュンモの妻であるユ・イジョン役を引き受け、見ごたえのある演技を披露する予定で、3人の俳優の爆発的な演技のシナジーを期待させている。


また、映画「生き残るための3つの取引」「悪いやつら」「新しき世界」など犯罪ジャンル映画の演出部と助監督を経て、前世代が共感する濃厚で熱いメロドラマ「男が愛するとき」でデビューしたハン・ドンウク監督の次回作で期待を集めている。
Disney+オリジナルシリーズ「The Worst of Evil」は、2023年下半期にDisney+のみを通じて全世界に公開される予定だ。

関連記事

2022.10.04

blank