一度聴いたらハマる!韓国バンド「LUCY」の魅力

アイドル並みのルックスに作詞・作曲・編曲、楽器を扱うスキルまで完璧な4人組バンドで、韓国オーディション番組「スーパーバンド」で準優勝にまで登りつめた、今最高に輝いてる韓国バンド「LUCY」をまだ知らない? それなら、この機会に彼らのことを一つでも知ってほしい。

メンバーは、リーダーでバイオリン担当のシン・イェチャン、メインボーカル&ギター担当のチェ・サンヨプ、曲の編曲・プロデュースとベース担当のチョ・ウォンサン、リードボーカル&ドラム担当のシン・グァンイルの4人だ。

彼らの出会いは、2019年に韓国で放送された「スーパーバンド」だ。プロの演奏家や、シンガーソングライターなど、ソロで活躍している人からバンドとして活動している人まで、ありとあらゆる音楽家がこの番組に集まった。全員がステージに上がり自分の魅力をアピールした後、自由にバンドグループを結成し、そのグループで曲を作り優勝を争うといった内容である。個性豊かな音楽家によるバンドの結成・成長とオーディションを楽しめる音楽番組であった。

番組内では最終順位2位で準優勝し、審査員の1人であった韓国歌手ユン・ジョンシンが設立した事務所MYSTIC STORYと翌年に契約。同年5月8日には、シングルEP「Flowering」でデビューした。

彼らの魅力は、何と言っても独特の楽器構成ということではないだろうか。通常の3ピースバンド(ドラム・ギター・ベース)構成にバイオリンが入ることで、他のバンドではあまり見られなかった「楽器で曲の表現を豊かにする」ことを可能にした。編曲でバイオリンの音は入れられるが、一般的にストリングスはメインになりづらい。だが、このバンドにはバイオリン担当がいることで、バイオリンの音が前面に押し出ているのだ。これによって、曲の表現を豊かにしている。特にバイオリンは弦楽器の中でも音が目立ちやすく、表情豊かに高音を響かせることができる。

2022.10.01

blank