今知らなければ損!韓国で大流行中の話題曲「セッピン」とは?


今知らなければ損する、韓国で大流行中の話題曲「セッピン」について、調べてみた。

この曲の主人公は、韓国ボーイズグループ「Block B」の一員としてデビューし、ソロでもラッパー・アーティストとして今なお音楽界で先頭を走る“ZICO”だ。ZICO以外にも、2000年代から活躍している3人組ヒップホップグループ「Homies」がフィーチャリングしている。

「セッピン」が話題となったきっかけは、現在韓国で放送中のダンスサバイバル番組「STREET MAN FIGHTER」で階級ミッションの内“リーダー階級”のミッション曲として使用されたことにある。特にダンサーVATAの振付で話題となり、TikTokではNCTやITZY、ENHYPEN、ASTRO、Ke1perなどの人気アイドルが“ダンスチャレンジ動画”をあげて流行の拍車をかけ、口コミによって曲の人気がさらに上昇している。
リリース日である9月6日はMelOnのデイリーチャートで初登場83位だったが、12日にはデイリーチャート10位を獲得。9月25日現在では、デイリーチャート2位を獲得していることからみても、今韓国でホットな曲であることは間違いない。

曲の内容に少し触れてみよう。
原題である「セッピン(새삥)」とは、韓国語で「買いたての新品」を意味するスラングである。曲名の英語表記は「New things」。

「一番着飾っているのは誰だ? 成功すればセレブ しなければ一生リセラー」
「俺は全てがNew thing ノーブランドの服を着ても ブランドを聞くDMがくる」
「11年目のfresh man」

デビューから11年目を迎えた彼が、自分の価値を未だに衰えない流行の中にいると高らかに表現したこの曲は、中毒性のあるメロディーと歌詞、相性ぴったりな振付が相まって一度でも聞くとそこから中々抜け出せなくなる。
これからも勢いが止まらなそうなこの曲。この機会にあなたも「セッピン沼」にハマってみては?

WOW!Korea提供

2022.09.25

blank