<トレンドブログ>「ASTRO」ムンビン、“堕落天使”をテーマにしたグラビア&インタビューを公開…セクシーさ爆発


グループ「ASTRO」のムンビンのグラビアが、公開されました。

「COSMOPOLITAN KOREA」10月号を通じて公開されたグラビアは、“堕落天使”をテーマに、ムンビンの引き締まった筋肉とともに奥深いムードを盛り込みました。

特にムンビンは、7月にプサン(釜山)で開催された“WATERBOMB FESTIVAL”で、上半身を脱いでパフォーマンスを披露して、ものすごく話題になりました。

これに対する感想を尋ねると、ムンビンは「WATERBOMBなので、自然に服を脱いでもよさそうだと考えたが、あれほど反応がいいとは思わなかった。 ステージ自体は、個人的に心残りがたくさんある。 イヤモニが、途中で落ちてしまって、歌も十分に歌えなかった」と、心残りを語りました。

また、「“WATERBOMB”の映像のコメント欄に『筋肉が見えるので、ダンスラインがさらにディテールに見えてよかった』というコメントが本当に多かった。 練習をどれくらいしたのか?」という問いにムンビンは、「鏡で自分の姿を見て正確に拍子を合わせて早くしてみたり、またシミュレーション復習する過程を続けて繰り返しました。 活動してみるとディテールがある程度崩れるものと決まっているけれど、それで間間にもう一度ディテールをつかまえる」と、答えました。

ムンビンはまた、「いつも僕が思うより、人々がさらに良く見てくれるようです」と言いながら、感謝の気持ちを伝えました。 「自らの基準がとても高いのではないか?」という問いには、「そうする場合もある。 長い練習生時代を過酷に訓練した。 だから、『ASTRO』がデビューするやいなや“実力のある”という評価を受けることができたんだと思う」と、話しました。

“堕落天使”というテーマと関連して最後に「自分がもし天使で、善良な事をたった一つできるとしたら何をしたいか?」という質問に、「自ら人生を終えた人々にもう一度生きることができる機会を与えたい。 人生というのは、どこでいつ何かが起きるかわからないけれど、いつも死を考えて生きるわけじゃないじゃないですか。 きょう何を食べようか、明日は何を着ようか考えながらささやかな幸せを感じることもできるのに、自ら終えた人生がとても残念で胸が痛い」と、答えました。

一方、ムンビンは「ASTRO」のメンバーユンサナと一緒に、ユニットで活動しています。


WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2022.09.23

blank