カンダニエル、「アジアスター賞」受賞「挑戦し続け激しく学ぶ」=「ソウルドラマアワード2022」


歌手兼俳優のカンダニエル(KANGDANIEL)が「ソウルドラマアワード2022」の国際招待部門・アジアスター賞を受賞した。

22日午後、ソウル・ヨンドゥンポ(永登浦)区ヨイド(汝矣島)のKBSホールで「ソウルドラマアワード2022」が開催された。俳優のチュ・サンウクとグループ「Apink」のメンバー兼女優のチョン・ウンジが進行を務めた。

同日、カンダニエルは「ソウルドラマアワード2022」の国際招待部門・アジアスター賞の栄光を手にした。アジアスター賞は日本、中国、タイ、台湾、フィリピンなどアジア5か国から推薦した俳優を対象にする。当該部門は審査委員の評価なしに全世界の韓流ファンたちの投票を通じて選ばれた。


カンダニエルは「『ソウルドラマアワード』に招待してくださっただけでも光栄だが、このように意味深い賞をいただくことになりとても、本当に感慨深くて幸せだ」と切り出した。

続けて「僕がやる音楽や映画、ドラマすべての文化コンテンツが長い時間のなかですべてのスタッフと出演陣、制作会社の方々また個人的にサポートしてくださる方々によって、長い時間のなかで生まれてくると思う。特にドラマのような場合、長い時間がかかる壮大なオーケストラだと思う」と述べた。

カンダニエルは「『キミと僕の警察学校』を念を入れて作ってくださった監督さん、作家さん、同僚俳優の方々、先輩方、なにより現場のスタッフの方々が一生懸命指揮してくださったためにとてもご苦労なさった」とし、「小さな声だけを出していた僕に貴重な賞をくださったのはこれからも挑戦を続け、よりいっそう熾烈(しれつ)に学べという意味と受け止め尊い気持ちでいただく」と感謝を伝えた。

最後に彼は「今後もファンの皆さんたちと共感でき、また僕がそばで理解をよくし包容力を持って尽くしてあげられるアーティストとして残る。DANITY(ダニティ、カンダニエルのファンクラブ)、『ソウルドラマアワード』本当にありがとう」と感想を締めくくった。


WOW!Korea提供

2022.09.22

blank