<W解説>アジア人で初めて米エミー賞主演男優賞を受賞した韓国人俳優イ・ジョンジェ氏とは?


米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞の授賞式が12日、ロサンゼルスで開かれた。世界的にヒットした、米動画配信大手ネットフィリックスの韓国ドラマ「イカゲーム」は監督賞と主演男優賞を受賞。今月4日には、ゲスト賞、プロダクションデザイン賞、視覚効果賞、スタントパフォーマンス賞の4部門で受賞しており、計6冠となった。主演男優賞は俳優のイ・ジョンジェ氏(49)が受賞。外国語番組から主演男優賞受賞者が出るのは初めて。

エミー賞は米国で放送される優れたテレビドラマや番組、テレビ業界の功績に与えられる賞。映画におけるアカデミー賞、演劇におけるトミー賞、音楽におけるグラミー賞に相当する、最も権威ある文化賞の一つ。

イカゲームは、賞金を懸けた謎のサバイバルに参加した人たちが、最後の勝者になるために極限のゲームに挑戦するストーリー。登場人物が死を伴う危険なゲームに巻き込まれる様相を描く「デスゲーム」と呼ばれるジャンルの作品だ。

ネットフリックスで、昨年9月17日に公開が始まり、1週間後の9月23日から46日連続でネットフリックスのドラマの世界ランキング1位となるなど、大ヒットを遂げた。また、配信開始から28日間で、累計視聴時間16時間5045万時間を記録。この累計視聴時間は現在もなお、ネットフリックスでの最高記録となっている。

日本では公開当初は、2014年に公開された日本の映画「神さまの言うとおり」など、いくつかの日本作品に似ているとの指摘が出たが、人気は高まり、ネットフリックス日本版でも総合1位を獲得した。また、昨年、日本国内で最も話題となった言葉を選ぶ「現代用語の基礎知識選 2021ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされたほか、流行先取りメディア「Petrel(ぺトレル)」の運営を行うパスチャーが選定したインスタ流行語大賞ランキングで3位に入った。

(2ページに続く)

関連記事

2022.09.15

blank