チャン・グンソクや「SJ」などのヘアメイクを担当した世界的スタイリスト”Gunhee(ゴニ)”、メンズメイクの日韓ハイブリッドスタイルを伝授!

株式会社徳間書店は、数々の韓流スターやK-POPアイドルなどのヘアメイクを担当してきたGunhee (ゴニ)氏が贈る、『GUNHEE TOKYOが教える、韓国スタイル メンズメイク&ヘア』(https://www.tokuma.jp/book/b610710.html)を、8月10日(水)に全国の書店、ネット書店で発売いたします。

『GUNHEE TOKYOが教える、韓国スタイル メンズメイク&ヘア』書影『GUNHEE TOKYOが教える、韓国スタイル メンズメイク&ヘア』書影

男女問わず美容に関心を持つ人が多く、美意識が高い国民性と言われている韓国。
日本でも最近はメンズ美容の扉が拓きつつあります。韓国人と日本人は肌色も髪質も変わりがないので、ポイントさえおさえれば、憧れの韓流スターにぐっと近づくはず!

「ソン・ガンの髪型にしてモテたい!」あるいは、「BTSのVのような妖艶なメイクで注目されたい!」と具体的なイメージを抱いている人にも、「興味はあるけど何から始めたらいいか分からない」という人にも、双方に役立つ情報がふんだんに詰まった一冊です。ぜひ美しさへの意識を変えてみませんか? 

  • 今流行っているヘアスタイルで劇的変化を!

「アイビーリーグカット」や「バンカンモリ」など次々とヘアのトレンドが生まれる韓国。
特に男性は前髪や髪色など、ヘアスタイルを変えるだけで、見た目の印象がグッと変わります!

前髪を5:5のセンターにした大人の「カルマヘア」が、今っぽいエアリー感を出す!

韓国で大ヒット、おでこが透けるような前髪、シースルーバングスタイル!​

前髪を柔らかめのSカールで額を少し見せる「エッズパーマ」はもはや定番に!

  • 何より大切なのは肌の保湿! 韓国で定番になっている「水光肌(ムルグァンピブ)」。

内側から発光しているようなツヤ感と、みずみずしく潤った質感の肌を目指そう!

◯肌の保湿の仕方
顔の中心から外側に向かって、ポンポンとスタンプを押すように塗布。
この手間によって、顔全体の水分が満タンに! 

  • special care& point make

【special care】
◯今どき、眉の整え方
今の韓国俳優は剃ってはおらず、自眉を整えている程度が主流。
マスクが日常になり、顔の上半分しか見えない中、眉が整っているかどうかは、他人から見ても一目瞭然なので、エチケットとして整えてほしい!

【point make】
K-POPアイドルのアイメイクは印象的。
今は、さりげない陰影やみずみずしさがトレンド。トゥーマッチなメイクにならないようにしよう!

◯アイシャドウ
しっかり彫り感を強調するのがポイント。初心者はブラウンのシャドウ1択!
できるだけ、ナチュラルなブラウンやベージュのパレットからスタートしてみて。

  • KOREAN style 2022 メイク&ヘアの4か条

肌 skin 1にも、2にも肌は「潤い」が命。スキンケアの時点から「ツヤ」を仕込もう。
眉 eye brow 今のトレンドは太めで平行。自眉をいかしてあくまで「ナチュラル」に。
唇 lip まるでシロップを舐めたようなぷっくり血色唇が理想。
髪 hair スタイリング剤は必要最低限で。今、ヘアチェンジするなら前髪を分けたカルマヘアがおすすめ!

たった4つのポイントで、たちまち韓国風イケメンに!

  • 著者プロフィール

GH,INC.代表・スタイリスト
Gunhee(ゴニ)
1983年、江原道出身。
清潭洞(チョンダムドン)の有名美容室「Jungsaemmool Inspiration(ジョンセンムル インスピレーション)」でアシスタントとして働きながら、2年制の美容大学を卒業。26歳のときにスタイリストデビュー。29歳で清潭洞に自身のサロンをオープンさせる。その後、チャン・グンソクやSUPER JUNIOR などの韓国スターやK-POPアイドルなどのヘアを担当。2016年にシンガポール、2018年に香港、そして2017年に日本の東京・表参道にフラッグシップ店「GUNHEE TOKYO」をオープン。2015年にアジアンビューティーアワード(上海)にてKビューティーアーティスト賞を受賞。同年、イタリアにてヴェルサーチコレクションショーに参加。
インスタは韓国のヘアデザイナーの中でNo.1のフォロワー数(2022年8月現在)を誇る。
インスタ→@gunheenim

  • 書誌情報

【タイトル】
GUNHEE TOKYOが教える、韓国スタイル メンズメイク&ヘア
【著者】GUNHEE TOKYO
【定価】1650円(税込)
【発売】2022年8月10日(水)
【仕様】B5判・112ページ
【ISBN】978-4-19-865494-8
【出版社】徳間書店
【商品ページ】
https://www.tokuma.jp/book/b610710.html
https://www.amazon.co.jp/dp/product/4198654948

  • 本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先

【徳間書店PR窓口】株式会社C-パブリッシング サービス 広報宣伝部
メール pr★c-pub.co.jp (★は@にかえてお送りください)

関連記事

2022.08.09

blank