「Golden Child」、「TRI.BE」がいよいよカムバック、4世代人気アイドルをめざす


「4世代人気アイドルを狙う」

韓国の男性アイドルグループ「Golden Child」と多国籍ガールズグループ「TRI.BE」が、"4世代人気アイドル"の座を得るために野心的な覚悟を持ってカムバックする。

「Golden Child」は8日、6thミニアルバム「AURA」を発表してカムバックする。「AURA」は「Golden Child」が2021年10月にリリースした2ndリパッケージフルアルバム「DDARA」以降、約10か月ぶりに披露する新譜だ。所属事務所Woollimエンターテインメントは「今回のアルバムは『Golden Child』ならではの完成型パフォーマンスと、さらにグレードアップしたビジュアルと音楽で満たされた『歴代級の名盤』となるだろう」と自信感を見せた。

タイトル曲は「REPLAY」だ。「REPLAY」はEDMフューチャーハウスジャンルの曲で、時間を巻き戻して過去の時点に戻って、強烈な欲望を表現した印象的な歌詞と、曲全般のシンセベース、スラップサウンド、シンセリードが合わさって緊張感を加える。メンバーのチャンジュンとTAGが作詞に参加してファンの期待感をさらに高めている。

「Golden Child」は先月、デビュー初のアメリカツアーである「Golden Child "MEET & LIVE"in USA」を成功裏に終わらせた。今回の「AURA」は北米市場で確かな足場を固めた後に発表される新譜であるだけに、「Golden Child」がアルバム「AURA」とタイトル曲「REPLAY」でどんな成果を見せてくれるのかに注目が集まる。

共同作業者「シンサ(新沙)洞の虎」が活動を支えるガールズグループ「TRI.BE」は、来る9日、新しいシングル「LEVIOSA」を発売する。「LEVIOSA」は「TRI.BE」らしい独歩的な音楽カラーと、清涼ながらもティーン感性が盛り込まれた新譜で、この夏の歌謡界を刺激する予定だ。

タイトル曲「KISS」はユニークなテーマラインが際立つダンスホールジャンルの曲だ。強烈なドロップパートと中毒性の強いフック、そして「TRI.BE」の個性あふれるボーカルと音色が魔法のような瞬間をプレゼントするとみられる。

所属事務所TR・Mellowエンターテインメントは「差別化された音楽スタイルと、他では見ることができない刺激的なパフォーマンスで、代わりのいないグローバルルーキーに位置づけられた「TRI.BE」が、今回の新曲「KISS」でどんな魅力的な音楽を聴かせてくれるのかに期待が集まる」と伝えた。

WOW!Korea提供

2022.08.07

blank