<W解説>「BTS」メンバーの兵役どうなる?韓国国防部長官と兵務庁庁長が示した見解は?


韓国のイ・ジョンソプ国防部(部は省に相当)長官が1日、人気グループ「BTS(防弾少年団)」のメンバーの兵役についての見解を示した。

イ長官は「入隊後も活動の機会を与え、海外公演も可能にできると思う」などと述べた。「BTS」のメンバーでは最年長のJINさんが今年末までに入隊する必要があるが、これと関連し、韓国では兵役の特例について議論が続いている。

韓国では男性に最長で21か月間の兵役義務が課せられている。現行の兵役法は、芸術・スポーツ分野の特技を持ち、文化体育観光部(部は省に相当)が推薦した人が芸術・スポーツ要員として兵役を代替できるようにする「兵役特例」を規定している。しかし、その対象に大衆文化芸術者は含まれていない。

しかし、「BTS」が世界的な活躍を見せる中、国民からは「芸能人も国威発揚に貢献しているのに兵役特例の対象にならないのはおかしい」との声が上がり始めた。兵役特例をめぐる議論は、JINさんの入隊時期が迫るにつれて活発になり、国民の関心も高まった。

これを受けて昨年6月、兵役法の改正法が施行。28歳までとしていた入隊期限を文化勲章・褒章受勲者のうち「優秀者」に限り、満30歳まで入隊を延長できるようになった。改正法により、JINさんの入隊は今年12月31日まで延長されたが、エンタメ界などからは「BTS」など韓流スターの兵役について、入隊時期の延期ではなく兵役特例の対象とするよう求める声が強い。

国会国防委員会の法案審査小委員会は昨年11月、国益に対する貢献度が高い大衆文化芸術者に対して兵役特例が受けられるようにする「兵役法改正案」について議論したが、結局、結論は出なかった。

(2ページに続く)

2022.08.04

blank