映画『警官の血』 エース刑事が暴力&違法捜査まみれ! チェ・ウシクのアクションにも注目! 予告&本ビジュアル解禁‼

「このミステリーがすごい!」2008年版の第1位に輝き、累計発行部数60万部超えの佐々木譲による同名警察小説を、韓国映画界の実力派キャストで映画化した『警官の血』が、10月28日(金)全国公開!
描かれるのは、警察組織の闇。一人の警官の死をきっかけに、事件の黒幕として疑いがかかるエース刑事の身辺調査に乗り出す新人刑事。潜入捜査をするなかで、警察内部の秘密組織と隠蔽された不正行為、そして殉職した警官の父の真相に迫っていく。彼を待ち受けるのは、予想を裏切る陰謀。辿り着いた先にある“真の警官”の姿とはー。

10月28日公開『警官の血』全てを欺け。悪に手を染めて――|予告

今回解禁となった本予告では、亡き父の“警官の血”が流れる若き刑事チェ・ミンジェ(チェ・ウシク)が、裏社会と繋がり高い検挙率を誇る汚職刑事パク・ガンユン(チョ・ジヌン)の内偵調査を頼まれるシーンから始まる。警官とは思えない暴挙を振るい、違法捜査を繰り返すガンユン。その隣で正義とは何かを追い求めるミンジェが、警察組織の闇、そして、父の死の真相にも触れていくさまが収められている。映像のラストではチェ・ウシクによる怒涛のアクションが映し出され、「全てを欺け。悪に手を染めて―」というキャッチコピーで終わることから、予測不能な展開の先にある衝撃のクライマックスにも期待がかかる映像となっている。

併せて解禁されたビジュアルは、二人の存在感がひしひしと伝わってくるデザインとなっており、凛々しい表情で背中合わせに並ぶ、異なる信条を持つ二人の警官の行き着く先にも注目が集まる。

本国初登場1位を記録し、警察組織の闇を描いた予測不能なクライム・サスペンス『警官の血』は、10月28日(金)より新宿バルト9ほか全国公開

【STORY】警官殺害事件の裏で糸を引く人物として浮上した、広域捜査隊のエース刑事パク・ガンユン。出処不明の莫大な後援金を受け、裏社会に精通しながら違法捜査を繰り返していた。彼を内偵調査するのは、警官の父を持つ新人刑事チェ・ミンジェ。二人は新種の麻薬捜査をするも、捜査費が足りず、ガンユンは遂に警官として越えてはならない一線を越えてしまい……警察内部の秘密組織とその裏に隠された不正行為、そして、殉職した父の真相。警察組織の闇に触れるとき、予想を裏切る展開が待ち受けるー。

映画『警官の血』
原作:佐々木譲『警官の血』(新潮文庫刊)
監督:イ・ギュマン  出演:チョ・ジヌン、チェ・ウシク、パク・ヒスン、クォン・ユル、パク・ミョンフン
2022年/韓国/119分/シネマスコープ/5.1ch/原題:경관의 피/英題:The Policeman’s Lineage/字幕翻訳:福留 友子/配給:クロックワークス/PG-12

2022.08.05

blank