「コラム」韓国社会のルールブック「第41回・スープと肉料理」

朝鮮王朝時代に育まれた食文化の中で代表的なものがスープ料理と肉料理だ。それを現代の韓国も受け継いでいる。もちろん、日本や中国にもいろんなスープや鍋料理があるが、韓国は数が本当に多い。

儒教が変えた食生活!

韓国料理のスープには、ご飯と一緒に食べる出汁を楽しめる「クッ」、同じくご飯と食べるが出汁よりは具材がメインの「チゲ」、調理しながら食べる「チョンゴル」などがある。使われる食材と味付けによって種類が多彩だ。
スープが発達したのは、限られた食材を利用してより多くの人を食べさせるためだった。もちろん、これは食べ物が貴重だった朝鮮王朝時代の生活環境にちなんでいることだが、祭祀(チェサ)を初めとして多くの人が参席する行事が多かった当時の生活文化の影響も大きいと言える。
その証拠として、韓国のスープ料理の中に肉を利用したものが多いことが挙げられる。朝鮮王朝時代以前の高麗王朝時代までは仏教を国教にしていたために、肉料理はあまり発展しなかった。
しかし、儒教を国教として取り入れた朝鮮王朝時代に入って牛を初めとして肉を食べるようになった。

そして、肉を利用する料理も飛躍的に発達した。
特に、貴重な肉をより多い人に食べさせるためにスープが発達した。その代表的な例がソルロンタンだ。
牛の骨といろんな部位の肉を長時間煮込んで作るスープで、今もスープ料理の定番としてよく食べられている。
ソルロンタンの由来には諸説があるが、「農業の神の先農氏(ソンノンシ)を祀るとき、いけにえとした牛を参加した人たちと一緒に食べるためにスープにしたもの」が始まりだったという説がもっともよく知られている。
ソルロンタンというスープの名称も、先農(ソンノン)にちなんだものだという。こうして作られたスープを祭祀に参席した人たち皆で一緒に食べることによって共同体の結束力を固めたのである。
これは今も同じ鍋のものを皆で食べる習慣として残っている。
衛生的によくないという意見もあって、韓国人の中でも嫌がる人もいるが、一般的には当たり前のように受け止められている。
(ページ2に続く)

韓国社会のルールブック「第1回・老舗」

韓国社会のルールブック「第2回・料理」

韓国社会のルールブック「第40回・ボランティア活動」

2022.07.31

blank