「aespa」、ラジオ番組でアメリカでの活動や1位の公約まで語る「アンコールステージはヘリウムガスで…」

韓国ガールズグループ「aespa」が、妖精のような美貌で愛らしいトークを大放出した。

13日に放送されたSBSパワーFM「チェ・ファジョンのパワータイム」には、「aespa」がゲスト出演した。

「aespa」は今月8日、2ndミニアルバム「Girls」を発売。同名のタイトル曲「Girls」は強烈なウォブルベースと荒々しいテクスチャーのシンセサウンドが際立つダンス曲だ。

チェ・ファジョンは、いつものクールさやカル群舞の鋭さと違ってきょうは妖精のようで前がぼんやりするほどだと絶賛。メンバーたちは「ありがとうございます。最近、メイクをもっと薄くしている」と謙遜した。

アメリカ公演の感想についてNINGNINGは「不思議だった。韓国語を知らないと思ったのに、みんな一緒に(韓国語で)歌ってくれたので不思議だったし、感動した」と語り、WINTERも「私たちが他の言語でも歌うので覚えるのが容易ではないが、外国のファンたちが韓国語もあまりできないのに覚えてくれたということは、それくらいたくさん聞いてくれたってことではないか。そういうところに感動があった」とファンに感謝した。

(2ページに続く)

2022.07.13

blank