ミュージカル作曲家フランク・ワイルドホーン、“V(BTS)、「ジキル&ハイド」に出演してほしい”

世界的なミュージカル作曲家フランク・ワイルドホーンがBTS(防弾少年団)Vにラブコールした。韓国人が愛するミュージカル作曲家フランク・ワイルドホーンが、世界的なグループBTS(防弾少年団)Vに公開でラブコールをした。
最近韓国を訪れたフランク・ワイルドホーンは23日、記者と出会った場で韓国文化とミュージカルの急速な発展、優れた俳優たちの力量を語る過程で何度もBTSについてふれた。


彼は「最近アメリカで韓国文化がものすごくホットだ」として「Netflixを見ると韓国ドラマだけ出てくるチャンネルがあるほどで、BTSも優れた実力で全世界で愛されるグループ」として「BTSは今、ソロ活動の作業のためにグループ活動を休むという話を聞いた」と話した。
BTSの最新ニュースまで把握するほどに韓国の大衆文化に大きな関心を持つフランク・ワイルドホーンは、ふと思いついたように「BTSのVが『ジキル&ハイド』が好きだという噂を聞いた」と笑った。


「数ヶ月前、BTSが米国でコンサートをする時、リハーサル中の音響テストに『ジキル&ハイド』の歌『This Is The Moment(時が来た)』を歌った映像がインスタグラムで話題になって、知人たちからの連絡が殺到した。今一体何をしてるのかと、早くVをキャスティングしろと」と笑った。
フランク・ワイルドホーンは、ミュージカルは見ていなくても音楽は誰もが知っている「ジキル&ハイド」「笑う男」「デスノート」など数多くの作品の音楽を担当した世界的な作曲家だ。
彼はVにかかわる個人的なエピソードを聞かせながら「Vが『ジキル&ハイド』のジキル役でぜひ出演してほしい」として「もしVに会う事があれば、ぜひ伝えてほしい」と心からのラブコールを送った。

2022.06.26

blank