「インタビュー」「ポッサム~愛と運命を盗んだ男~」クォン・ユリ(少女時代)インタビュー到着!

時代劇のノウハウを伝授してくれたチョン・イルに感謝!作品を通して挑戦する勇気をが沸いた。

 “時代劇プリンス”チョン・イルד時代劇初ヒロイン”ユリ(少女時代)の豪華2大スター初共演!「ポッサム~愛と運命を盗んだ男~」DVD-SET1~2&レンタルDVD Vol.1~20が好評リリース中!

多数の時代劇をヒットに導く“時代劇不敗プリンス”チョン・イルが、家門の没落によって隠れて生きるも、愛する者を守るために両班の地位に返り咲き、国の運命を変えていく“時代劇ヒーロー”に変身!ヒロインには、“少女時代”のメンバーとしてK-POPブームを牽引してきたクォン・ユリ。「被告人」などで演技力を培ってきた彼女が、寡婦となっても王女としての品格を忘れず、芯の強さで困難を乗り越える女性を好演し新境地を開拓。時代劇初挑戦で2021 Asia Artist Awardsでベスト演技賞にも輝いた!再婚が法的に禁じられていた朝鮮時代、寡婦を布で包み(包む=ポッサム)、誘拐を装う形で再婚を実現させた衝撃の裏稼業“ポッサム”が、韓国ドラマで初めて描かれる本作は、放送局(MBN)ドラマ歴代NO.1視聴率を記録しアジア各国まで人気が波及。人違いから始まる闇稼業のアウトローと美しき王女の“ポッサム”という奇妙な出会いが、朝鮮王朝を揺るがす波乱を巻き起こし、愛と因縁の戦いを描く華麗なるロマンス史劇に魅了される。

DVDリリースを記念して、スギョンを演じたクォン・ユリ(少女時代)のインタビューが到着!時代劇への初挑戦や役柄、共演したチョン・イルなどについて明かしました。


  • 「ポッサム」は大人気でしたね。出演した感想をお願いします。

初めて挑戦する時代劇で日本の皆さんとお会いすることができて、とてもうれしいし感慨深いです。コロナの影響で直接お会いできないのは残念でしたが、こうしてご挨拶できてうれしいですね。

  • 初めての時代劇でした。友人やファンの方々の反応や感想を教えてください。

最初に宣伝用の写真が公開された時から、多くの皆さんが褒めてくれました。特に「少女時代」のメンバーたちは、時代劇への出演を喜んでくれました。よく似合うと言ってくれたのがうれしかったですね。それから周囲の反応もそうですが、視聴者の皆さんからも良い反応をいただきました。「少女時代のユリだとは見て分からなかった。スギョン役がとても似合っている」と皆さんに褒めていただけたのがうれしかったです。この作品への出演を決めた頃は、私にとっては勇気が必要な時期でした。でもさまざまな心配は杞憂に終わりました。

  • 徐々に視聴率が上がっていきました。視聴者に愛された理由は何だと思いますか?

ポッサムという素材が興味深かったのでしょう。私も台本を受け取った時、ポッサムというのはこれまでにない目新しい素材だと思いました。登場するキャラクターが個性にあふれていて、それぞれの相性がとてもよかったことも視聴者に愛された理由でしょうね。それから韓国の美しい風景がちりばめられていた点も愛された理由だと思います。


  • スギョンの魅力を教えてください。

スギョンは幼い時からしっかりしていて大胆で自分の考えを持っている、そんなステキな女性です。スギョンを演じながら気付いたのは、彼女は私が理想とする価値観を持っているということです。積極的に行動し先を見据える目を持っている。そういった点がとても魅力的な人物でしたし、私自身もそんなスギョンに魅了されました。スギョンは翁主ですが、人々を慈しむ心を持っています。そして、賢明な女性ですね。スギョンには本当に様々な魅力があります。私から見ると大胆な面もありますし、品があって意志も強いですね。

  • ユリさん自身はどんな性格ですか?

スギョンのような女性になりたいと思いました。役柄を演じていくうちにきっと似てくるはずだし、私自身の成長を助けてくれる存在だ。そんな確信がありました。私の中にもスギョンに似ている部分は確かにあります。例えば、言いたいことを言うとか、芯の強いところとか。理想の女性ですね。違っている部分は……スギョンと比べると、私のほうがもっと自由で明るい性格だと思います。

  • 乗馬やアクションシーンもありましたが、事前の準備や練習は?

いつかは時代劇に挑戦したい、ずっとそう思っていました。乗馬に関しては以前、習ったことがありました。その経験が今回の撮影では役に立ったと思っています。水中撮影に関しても、私はスキューバダイビングの資格を持っているんです。そういった経験が今回のアクションシーンでは、助けになったと思っています。

(2ページに続く)

2022.06.10

blank