元アナウンサーのキム・ヒョンウク、ダンサーno:zeへの不適切発言を謝罪


KBSアナウンサー出身タレントのキム・ヒョンウク(49)がダンサーno:ze(ノジェ/本名:ノ・ジヘ/25)に対する不適切な発言を謝罪した。

キム・ヒョンウクは立場文をSNSに掲載したのではなく、自分の既存のSNS投稿にコメントをつける方法で最近浮上した騒動を謝罪した。キム・ヒョンウクが立場を発表するまで、多くのネットユーザーがキム・ヒョンウクのSNSにコメントで批判意見を提起していた。

キム・ヒョンウクは「私の意図とは異なり、多くのノジェさんのファンを怒らせ、迷惑をかけたようで心よりお詫びする」と謝罪し、「改めて自分自身を省みるきっかけになった」と述べた。

キム・ヒョンウクは「意図がどうであれ、受け入れる人の気持ちももっとよく考えなければならないということを悟った」とし「SNSにあまりやらないので、遅れて他の人を通じて記事が出たことも知って確認した」と明らかにした。

また、キム・ヒョンウクは「いずれにせよ、ノジェさんにもDM(ダイレクトメール)を通じて謝罪メールを送った」とし、「次からはさらに察しながら(番組を)進行する。皆さんの怒りは晴らしてくださるようお願いしたい」と述べた。

これを前に、キム・ヒョンウクは2021大韓民国ファッション大賞の授賞式にモデルとして参加したノジェのウォーキングを指摘し、ダンスを要求するなど不適切な進行をして批判を浴びた。

当時、授賞式を進行していたキム・ヒョンウクはノジェを含めたモデルたちのウォーキングが終わると、客席に向かって「有名な方がお一方いらっしゃったが、気が付きましたか?」と問い、「実は高いお金をかけてこの方を呼んだのに、効果が無かった。よりによって帽子を被せた」と発言した。

該当人物がノジェだと紹介した後もキム・ヒョンウクはさらに「なぜ帽子を被せたのかわからない」とし「こういう人にはダンスをさせればよかったのに、残念だ」とも発言した。

その後、即席でノジェとインタビューを進めたキム・ヒョンウクは改めて「帽子をなぜ被ったのですか?」と聞き、ノジェが「かっこよくしようと帽子と被った」と言うと、キム・ヒョンウクは「でも帽子を被って出てくる時も、かっこよく出てこなきゃいけないのに、こんな風に(うつむく姿をして見せ)出てきて、最初は誰かわからなかった。ノジェが出ているのに…。”どれがノジェなの?”と目を見開いて見た」と発言。

ランウェイでのウォーキング経験が無く緊張したというノジェは、「ダンスをたくさんしたが、全く違う種類のショーだからか、とても緊張して下を向いてしまった」と語った。

すると、キム・ヒョンウクは「もう一度歩いて欲しい」と要求。ノジェが歩いて見せると「これはモデルとは違う。僕が歩くのと似ている」と比較までした。

特にキム・ヒョンウクは突然、ノジェに「ちょっとダンスも見せられるか。それが専門だから。お祝いの意味で」と言い、ノジェが困ったようすを見せても終始ダンスを要求したため、物議を醸した。

WOW!Korea提供

2021.12.08

blank