BTS、IUら、「第36回ゴールデンディスクアワード」デジタル音源・アルバム・新人賞の候補公開!


「第36回ゴールデンディスクアワード」が部門別の候補を公開した。

「第36回ゴールデンディスクアワード」が8日午前10時、ホームページをオープンし、デジタル音源本賞、アルバム本賞、新人賞など主要部門の候補を紹介した。

候補は2020年11月から2021年11月中旬までに発売された音源とアルバムを対象に審査、全量評価で選ばれた。なお、第35回の時に集計締め切り期間と重なり、評価から外れていた音源やアルバムは今回の審査対象に含まれる。

デジタル音源部門には「(G)I-DLE」、「AKMU」、ASH ISLAND、「キョンソイェジ」・チョン・ゴンホ、「ダビチ」、「Red Velvet」、ROSE(BLACKPINK)、「BTS(防弾少年団)」、Ben、「Brave Girls」、「Big Mama」、「SHINee」、ソジョン、ソン・イハン、「STAYC」、IU、「aespa」、「OH MY GIRL」、イ・ムジン、イ・イェジュン、イム・ヨンウン、「ITZY」、チョン・ソミ、チョン・ドンハ、ジョイ(Red Velvet)、テヨン(少女時代)、「TWICE」、ホガク、Heize、ヒョナが候補に挙がった。

アルバム部門は「(G)I-DLE」、「2PM」、「ENHYPEN」、「NCT」、「NCT 127」、「NCT DREAM」、「GOT7」、「Golden Child」、キム・ホジュン、「NU’EST」、「THE BOYZ」、D.O.(EXO)、「MONSTA X」、「BTS」、「SEVENTEEN」、「SUPER JUNIOR」、「Stray Kids」、「ASTRO」、IU、「aespa」、「ATEEZ」、「ONEUS」、ユンホ(東方神起)、「今月の少女」、「ITZY」、「CRAVITY」、キー(SHINee)、「TOMORROW X TOGETHER」、「TWICE」、「PENTAGON」まで計30組だ。

生涯一度きりの新人賞候補は音源利用量とアルバム販売量を合算して選ばれた。クォン・ウンビ、「未来少年」、「STAYC」、「aespa」、「OMEGA X」、イ・チャンウォン、「EPEX」、チョ・ユリ、「PURPLE KISS」が新人賞の候補だ。

一方、「第36回ゴールデンディスクアワード」はソウル・クログ(九老区)高尺スカイドームで2022年1月8日に開催される。アーティストや観客、スタッフなどの安全を最優先に考えて、新型コロナウイルスの状況に合わせて、観客招待については決定する予定だ。

WOW!Korea提供

2021.12.08

blank