キュヒョン(SUPER JUNIOR)、新番組「シングアゲイン2」で魅せた存在感…人間味あふれる審査員ぶりで“共感アップ”


アイドルグループ「SUPER JUNIOR」のキュヒョンが新番組「シングアゲイン2」の審査員として初回放送から存在感を輝かせた。

キュヒョンは6日に韓国で初回放送された音楽バラエティ番組「シングアゲインシーズン2-無名歌手戦」に出演し、ハイクラスな審査委員の真価を示した。

同日キュヒョンは初登場からセンスある話術を披露した。審査委員として再会したシンガーソングライターのユ・ヒヨルには、「先輩と僕は(審査員席に)いなければならない」とあいさつをし、愉快なスタートを切った。

本格的に参加者たちのステージが始まると、キュヒョンは適材適所のリアクションで緊張感あふれる雰囲気を和やかにさせた。真っ先にマイクを握った27号歌手には、「最初だったのによくやってくれた」とエールを送り、名門大の在学中だという42号歌手には「うらやましい。僕の父は塾を経営している」と話術を披露した。

(2ページに続く)

2021.12.07

blank