米女優ゼンデイヤ、「イカゲーム」チョン・ホヨンとの”出会い”に言及 「才能にあふれたキュートな女優」


ハリウッド女優のゼンデイヤが、Netflixオリジナルシリーズ「イカゲーム」でグローバルスターとなったチョン・ホヨンと先ごろ対面したことに言及した。

7日、オンラインで開かれた映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」記者懇談会に主演俳優のトム・ホランド、ゼンデイヤ、ジェイコブ・バタロンが出席し、トークを繰り広げた。

この日、ゼンデイヤは先ごろ米「2021 CFDA」で対面した韓国女優チョン・ホヨンについての質問を受けた。チョン・ホヨンは、世界のNetflixで大ヒットを記録したオリジナルシリーズ「イカゲーム」でセビョクを演じ、視聴者に強い印象を残した。

特に、ゼンデイヤはチョン・ホヨンのSNSをフォローし、その後「CFDA」で2人がセルカ(自撮り)撮影をしたことが明かされ、話題になった。

これに関してゼンデイヤは「チョン・ホヨンと『CFDA』で会えたのだが、とても親切でフレンドリーな方だった」とし、「私たちはその日、”スパイダーマンの話”もたくさんしたのよ」とセンスある回答で会場を盛り上げた。

また、ゼンデイヤは「私が『スパイダーマン』を通して人生が大きく変わったように、チョン・ホヨンも『イカゲーム』以降、大きな変化があった。そのような部分でも共通点があるねと話した」とし、「チャンスがあれば『ユーフォリア(EUPHORIA)』の撮影現場に遊びに来てねと(チョン・ホヨンに)言うと、実際に遊びに来てくれてうれしかった。本当にキュートで才能あふれる女優。またプライベートな場所でも会って、もっと親しくなりたい」と明かした。

WOW!Korea提供

2021.12.07

blank