【独自インタビュー】初の日中韓オーディション「Girls Planet 999 : 少女祭典」の日本人練習生たち5人


初の日中韓アイドルデビュープロジェクト番組「Girls Planet 999 : 少女祭典」(ガールズプラネット999、ガルプラ)に出演した日本人練習生たちが「WowKorea」の独自インタビューに応じた。

この日、桑原彩奈、山内若杏名、比屋定和、藤本彩花、久保玲奈の5人は、ファンの質問に対して率直で詳しく気持ちを伝えた。

まず、「今回のようなオーディション番組には、また参加する気はあるか?」と質問されると、比屋定和は「多くの同じ夢を持った同世代の子たちが集まって、毎日毎日、刺激し合った」とし、「すごく整っていて良い環境だったし、機会があるならまた参加してみたい」と答えた。

続いて「ステージ前に緊張を解す方法は?」の質問に対して、桑原彩奈は「本番前に何か失敗するかもとか、そういうことを全く思わずに、何かお腹空いたなあ~とか、今日何食べたいな~とか、そういうことを考えると本当に楽しい気持ちに変わる」と答えた。

また、「ファンのために必ずカバーしたい曲は?」の質問に対しては、藤本彩花は「TWICEがとても好き、TWICEの曲でカバーしてみたい」と答えた。

一方、久保玲奈は「女性らしい曲をお見せする機会が多かったのですが、私はヒップホップダンスを続けてきたので、そんな面もお見せしたい」と話した。

5人はその他、「最も記憶に残る瞬間は?」、「最も気に入りのパフォーマンス舞台は?」、「まさかこの練習生と友達になるとは思わなかった?」などの質問にも各々答えてくれた。

「韓国で過ごしながら一番好きだった食べ物は?」の質問に、山内若杏名は「びっくりした料理がコグマ(さつまいも)ピザっていうものがあって」と答えた。珍しいピザであるため、「すごいびっくりして、でもとっても美味しかった」と話した。

その他にも、「今でもずっと他の参加者と連絡をとっている?」、「今後の活動計画は?」などの質問に答える様子は動画で公開された。

一方、桑原彩奈、山内若杏名、比屋定和、藤本彩花、久保玲奈の5人は、先月21日、東京恵比寿の「The Garden Hall」で行われた「TGC teen 2021 Winter」にも出演した。ファッションショーのランウェイステージを披露し、ファンを喜ばせた。

これから5人のグローバルな活動には目が離せられない。

WOW!Korea提供

2021.12.05

blank