キム・ジェジュン、東方神起としてデビューできないところだった!?デビュー組脱落&当初のイメージにまつわるエピソード公開「ONCE」

キム・ジェジュンがこれまで明かさなかった東方神起デビューにまつわる秘話を公開した。

3日(金)午後8時MBC Mで初放送される「イ・ホンギのプレイリスト ONCE(以下、ONCE)」でキム・ジェジュンはSMエンタでの練習生時代のエピソードを公開する。

 

デビュー当初、冷美男(クールな雰囲気の美男)として注目されたジェジュンは当時、イ・スマン代表に“口を開けないように”頼まれたエピソードを公開した。クールなイケメンといったビジュアルと異なり、口を開ければイメージが壊れるような言葉遣いだというせいで、デビュー当初は思いもよらぬ“無口”な姿を見せていたという。

 

また、東方神起としてデビューできないところだったと話して注目を集めた。 SMエンタの練習生時代、資格不足でデビュー組から脱落したジェジュンは歌手の夢を諦めて故郷に帰ることになったという。だが、とても特別なきっかけでイ・スマン代表の目に留まり無事に東方神起としてデビューすることができたと明かした。 ジェジュンの東方神起デビューにまつわるエピソードは放送を通じて公開される。

 

一方、「ONCE」はアーティストの実際のプレイリストを共有し、彼らの人生ヒストリーと高品格ライブステージまで会える音楽ライブトークショーだ。出演アーティストはこれまで話さなかった本人のエピソードとともに主題にふさわしいおすすめプレイリストを公開して、本人にとって大きな意味を持つ歌をライブで披露する予定だ。

 

2021.12.03

blank