≪韓国ドラマNOW≫「恋慕」15話、ロウン(SF9)が母方の祖父を倒そうとするパク・ウンビンを手伝う=視聴率9.9%、あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

29日に放送されたKBSドラマ「恋慕」15話(視聴率9.9%)は、フィ(パク・ウンビン)がついに母方の祖父ギジェ(ユン・ジェムン)を倒す最初の反撃カードを出す様子が描かれた。

そのカードとは、都落ちしたヨンス(パク・ウォンサン)だった。「国政を独占するサンホン君を罷免せよ」という儒学生たちの抗議が日ごとに大きくなると、フィは儒学生たちの中で徳望の高い人を呼び入れたら抵抗を抑えるのに役立つだろうとギジェを説得した。

朝廷入りへの意志がなかったヨンスは、フィが伝えた教旨に書かれた「不飛不鳴」の意味を察して宮廷に入った。「飛びもせず鳴きもせず、うずくまっている鳥は王様ですか?」と聞いたヨンスは、続けて「王様の政治を手伝うつもりはない。王様が正しくない道に行くなら、最初に反対の道に行くつもりだ」という意志を示した。これこそギジェが掌握した今の朝廷を正そうとするフィが望んでいたものだった。

大司憲に任命されたヨンスの最初の任務は、戸曹判書の不正の監察だった。個人の倉庫に貯蔵した軍糧米が摘発されて窮地に立たされた戸曹判書は、ギジェが背後にいると言った。フィは彼の裏切りにかこつけて武器を持っている商団を明らかにするよう命じた。ジウン(ロウン(SF9))もフィを手伝った。戸曹判書の不正について書いた数十枚の紙を儒学生たちが見られるようにあちこちにばらまいた。こうして世の中に知られた以上、ギジェもこれ以上は戸曹判書をかばうことはできなかった。

(2ページに続く)

2021.11.30

blank