チョン・ヘイン&BLACKPINKジス、「雪降花」初シナリオリーディング現場公開(動画あり)

「雪降花: snowdrop」のシナリオリーディング映像が公開された。
12月18日に初放送予定のJTBC新土日ドラマ「雪降花」は、1987年ソウルを背景に女子寮に血まみれで飛び込んだ名門大大学生スホ(チョン・ヘイン)と危機の中で彼をかくまって治療した女子大生ヨンロ(ジス)の切実な愛の物語を盛り込んだ作品だ。25%に迫る視聴率で韓国にシンドロームを起こした「SKYキャッスル〜上流階級の妻たち〜」のユ・ヒョンミ作家とチョ・ヒョンタク監督の再会で期待を集めている。


29日、オンラインを通じて公開されたシナリオリーディング映像では、制作スタッフと俳優たちが一堂に集まり、和気あいあいとした雰囲気の中で幻想的なチームワークを披露した。チョ・ヒョンタク監督は「いつも気楽で何でも語り合える監督になる」と雰囲気をリラックスさせ、ユ・ヒョンミ作家は「このテーマを胸に抱いて12年になった。本当に一生懸命書く」と覚悟を伝えた。


チョン・ヘインとジスは深みのあるキャラクターの分析と密度の高い声の演技で期待を高めた。ドイツ在住の韓国人出身という多く事情を持つ名門大学院生イム・スホ役を引き受けたチョン・ヘインは、柔らかいカリスマと秘密めいた微笑など、キャラクターの多様な面を深く表現して注目を集めた。
チョン・ヘインは「スホ」に対して「劇が展開されながら渦に巻き込まれる人物」として、「監督と作家、先輩たちが緊張をほぐしてくださり、本当にリラックスして楽しくシナリオリーディングをした」と感想を伝えた。

(2ページに続く)

2021.11.29

blank