すでに熱いロサンゼルスのBTS(防弾少年団)コンサート現場取材記!!…ARMYたち“待つことも楽しいです!”


“BTS(防弾少年団)グッズを手に入れることができるなんて、待つことも楽しいです!”

グループ防弾少年団(BTS)のコンサートが行われるアメリカ・ロサンゼルスのSoFi Stadiumの周辺が、公演前日からBTSのファン“ARMY”たちの訪問で混雑している。 数千人余りのファンたちは、今回の公演の公式グッズを購入するために早目に公演会場に足を運んだ。

BTSの所属事務所Big Hitミュージックは、26日午前10時(以下、現地時間)からSoFi Stadium外部で公式グッズの販売台を運営した。

記者がSoFi Stadiumに到着した時間は午前8時頃。 現場にはすでにときめく表情で販売開始を待つファンたちでいっぱいだった。

全世界から数千人の“ARMY”が集結した。 最前列には午前5時頃から並んでいるというブラジルファンたちがいた。 ファンたちは「待つことが大変じゃない。 今この瞬間を楽しんでいる」と話した。

また他のファンは、Vの等身大パネルを持ってきて視線をひきつけた。 彼女は「直接作ったのではなく、アマゾンで購入した」と、笑ってみせた。

販売台では公式グッズの購入が可能だった。 この日販売された公式グッズは、BTSのコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」の開催を記念して新しく作られたものなので、ファンたちにはその意味がさらに特別だった。
また、BTSのアルバムや“ARMY BOMB”と呼ばれる公式応援ライトも販売台で購入可能だった。

Big Hitミュージックは、グッズを購入したファンのためのイベントも用意した。 販売台でアルバムを購入するとBTSの各メンバーのフォトカードがランダムで1枚ずつもらえた。 “ビンテージレトロ”バージョンの商品購入者には、“ポップアップ スリップバンド”を1個ずつプレゼントされた。

現場はお祭り雰囲気だった。 Big Hitミュージック側は、グッズの販売開始が直前からスピーカーでBTSの楽曲を流して雰囲気を盛り上げた。 一部ファンたちはBTSの楽曲について歌って踊って待っている瞬間を楽しんだ。

午後からは公演名「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」という文字で作られたフォトゾーンの前にも長い列ができた。 グッズを購入したファンたちは、自然にフォトゾーンへ向かって思い出を写真で残した。

BTSのコンサートは27~28日、12月1~2日の4日間行われる。 今回のコンサートで新型コロナの大流行で止まっていたオフラインコンサートを約2年ぶりに再開する。 グッズの販売台はコンサート最終日まで運営される。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.11.27

blank