<トレンドブログ>「CNBLUE」ジョン・ヨンファ、オーケストラと共にした壮大なソロコンサート…大盛況


グループ「CNBLUE」のジョン・ヨンファが、壮大なオーケストラとともにオフラインコンサートを成功的に終えました。

ジョン・ヨンファは11月25日、ソウル・ソンパグ(松坡区)のロッテコンサートホールで単独コンサート「Wonderful Singer:ジョン・ヨンファ」を開催して、久しぶりにファンたちと会いました。

今回の公演は、バンド「CNBLUE」のメインボーカルジョン・ヨンファが、韓国の代表オーケストラであるミレニアムシンフォニーオーケストラと会って進めました。 オフラインコンサートであるだけに、約2年ぶりに直接ファンたちに会う場だったので、その意味を加えました。

雄壮ながらも楽しいオーケストラの映画「アベンジャーズ」、「ボヘミアン・ラプソディ」のメインテーマで公演で幕が上がったし、続いてジョン・ヨンファは「元気玉」、「初めて愛する恋人たちのために(パンマルソング)」、「愛の光」、「Can't Stop」など、ファンたちから愛された曲を熱唱しました。

新型コロナの防疫規則遵守により観客は歓声の代わりに拍手で歌に情熱的に応えて場内をいっぱい満たしました。

ジョン・ヨンファはファンたちと拍手でコミュニケーションしてウェーブを誘導するなど、楽しくて笑いがいっぱいなコンサートを進めました。 ジョン・ヨンファは「皆さんにとってヒーリングされる時間になったら良いだろう」と、話して楽しさと感動を共にプレゼントしました。

ジョン・ヨンファは公演中、フォトタイムを持ったりファンの愛に応えたり、指揮者と合同指揮パフォーマンスをして笑いを誘いました。

公演の最後にジョン・ヨンファは「共にできて幸せだった」と、こみあげる感情を伝えました。 ファンたちはアンコールを叫ぶ代わりに力強い拍手で呼応したし、これに対しジョン・ヨンファは「ある素敵な日」をアンコールで歌いました。
ミレニアムシンフォニーオーケストラとジョン・ヨンファは、スマホのライトで応援の心をめいっぱい表現したファンたちと共に公演を美しく終えました。

約120分間の単独コンサートを成功的に終えたジョン・ヨンファは、今回の公演で相当なボーカル力を立証しました。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.11.26

blank