2PMイ・ジュノ、王の役から現実のカップルまで縦横無尽…2AMの新曲MV撮影ビハインド公開(動画あり)

2PMイ・ジュノが、2AMの新曲のミュージックビデオの撮影ビハインドを公開した。
ジュノは25日、自身のYouTubeチャンネルに「バラード感性からバタバタと終わる 2am M/V 撮影記 · Behind」というタイトルの動画を公開した。
動画でジュノは、「別の歌手のミュージックビデオに出るのは初めてで、ちょっとぎこちない感じ」として「うまくできたらいいと思う。真心こめて精いっぱいやる」と話した。また「王の役をしていたのに現実のカップル役でぎこちなく、韓服を着ないといけないような気分だ」と撮影の感想を語った。またジュノは、髪の毛を結ぶシーンのために何度も練習する様子を見せたり、現場に現れた猫にやさしく話しかけて猫好きな様子を再確認させた。撮影の合間には、チャンソンが差し入れしたカフェカーでイチゴラッテを注文して、「ダイエットが終わった」と嬉しそうだった。撮影終了後には、チャンソンと2AMのメンバーと仲のいい姿も見せた彼は、翌日はまたドラマの撮影で全羅道に向かうという忙しい日々を伝えた。

ジュノは、7年ぶりに完全体でカムバックした2AMの新しいアルバムのダブルタイトル曲「No good in good-bye」と「Should’ve known」のミュージックビデオの男性主人公として出演して友情を示した。2PMとしてデビューする前の練習生の時から縁が深い2AMのメンバーたちとの友情を輝かせた彼らの出会いは、国内外のファンを喜ばせた。

2021.11.25

blank