議員の息子でラッパーNO:EL、“無免許飲酒運転・警察官暴行”…きょう(19日)初公判


警察の飲酒測定要求を拒否し、警察官を暴行した容疑で拘束起訴されたラッパーNO:EL(本名チャン・ヨンジュン)の初公判が19日に行われる。

ソウル中央地裁刑事4単独シン・ヒョクジェ部長判事はこの日午後4時、道路交通法違反(無免許運転)などの容疑で裁判に渡されたNO:ELの初公判を開く。

国会議員の息子であるNO:ELはことし9月18日午後10時30分ごろ、ソウル ソチョ(瑞草)区 バンポドン(半浦洞)聖母病院の交差点でベンツの乗用車を運転し、別の車と接触事故を起こした。彼は現場に出動した警察官の飲酒測定の要求に応じず、警察官を暴行した容疑で現行犯逮捕された。

検察はNO:ELに飲酒運転や飲酒測定不応で2回以上摘発された人は、2年以上5年以下の懲役や1千万ウォン(約96万円)以上2千万ウォン(約192万円)以下の罰金に処するよう規定した「ユン・チャンホ法」を適用して裁判に引き渡した。

NO:ELは2019年9月にも飲酒運転及び運転手をすり替えようとした容疑で裁判に引き渡され、6月の1審で懲役1年6か月、執行猶予2年の判決を受け、コンプライアンス運転講習の受講40時間を言い渡された。今回の事件は執行猶予期間中に発生した。

NO:ELは先月12日、拘束令状実質審査に出席せず、「多くの方々に本当に申し訳なく思っている。罪を償いたい。謝罪の思いで令状実質審査は辞退する」とした。

WOW!Korea提供

2021.11.19

blank