【時代劇が面白い】知りたい朝鮮王朝9/母の死の真相を知った燕山君

王が絶対的な権力を持つ朝鮮王朝では、王が名君ならば平穏な時代が流れ、暴君ならば混乱をきわめた。10代王の燕山君(ヨンサングン)は最悪の暴君であり、朝鮮王朝がもっとも血に染まった時代だ。

 

燕山君を嫌う臣下たち
1494年に即位した燕山君は、王政を放棄して堕落した日々を送り、国の財源は日に日に衰えていった。そして、その帳尻を合わせるために、庶民は過酷な税金を取られてしまった。
当然ながら、人々は燕山君の治世の終了を願い、臣下たちは自分に被害が及ばぬよう口をつぐむばかりであった。
やがて燕山君に露骨に不満を示す臣下たちも現れ、それを表す事件も起こった。


いつも通りの酒宴が行なわれる宮中で、李世佐(イ・セジャ)という高官が燕山君の服に酒をこぼしたことがあった。
「殿下、申し訳ありません。手元が狂ってしまいました」
李世佐は朝鮮王朝の名門中の名門の出身で、大臣の地位にいた。王の服を汚すなど本来なら許されない行為だが、その場にいた臣下たちは誰ひとり、李世佐をとがめなかった。それは、燕山君の王としての尊厳の低下を意味していていた。

なおさら、燕山君の怒りが凄まじかった。
「貴様ら、無礼を働いたこいつをなぜとがめない! この罪人をすぐとらえるのだ」
王命を受けた者たちは、しぶしぶ李世佐をとらえた。
燕山君は、王の威厳を取り戻すために、李佐世に厳しい罰を与えようとした。
「今すぐ、こいつの首をはねよ」
しかし、その命令は実行されなかった。


普段は歯向かわない臣下たちも、酒をこぼしただけで同僚を殺すことなど到底できなかった。
「李世佐は高い位に位置する人物でございます。それを簡単に殺してしまっては、宮中が混乱してしまいます。どうか、どうか寛大なご判断をお願いします」
多くの臣下たちに止められた燕山君は、その申し出をしぶしぶ受け入れた。
「もうよい、李世佐については、家族全員の官職を没収した上で、都から追放せよ。ああ、気分が悪い。余はもう寝るぞ」
この一件はこれで済んだが、さらに、燕山君から宮中へ来るように言われた高官が、その呼び出しを無視する事件まで起きた。もはや、燕山君の権威は完全に失墜していた。そのことを彼も認めざるをえなかった。

「王に歯向かうとは……。ただでは済まさんぞ」
燕山君はその場の怒りを必死に抑え込み、着々と反撃の機をうかがっていた。
このように燕山君から心が離れる臣下が増える一方で、彼に取り入って甘い汁を吸おうとしている者たちも存在した。
その1人が任士洪(イム・サホン)だった。ずる賢く保身にたけていた彼は、先王の成宗(ソンジョン)にその狡猾さを見抜かれ出世の道を断たれていたが、燕山君に近づいて復権の機会をさぐっていた。
「一度はどん底を見たオレだが、絶対にあきめない。必ず権力を手にしてやる」
任士洪には、燕山君に取り入ってもらえる秘策があった。
(ページ2に続く)

知りたい朝鮮王朝1/最高実力者になった李成桂

知りたい朝鮮王朝2/芳遠が3代王の太宗となる

知りたい朝鮮王朝3/名君・世宗の誕生

知りたい朝鮮王朝7/斉献王后を廃妃にした成宗

知りたい朝鮮王朝8/最悪の暴君だった燕山君

2021.11.16

blank