「STREET WOMAN FIGHTER」出演の「YGX」、“『WANT』とのにらみ合い?実際は…”


ダンスクルー「YGX」メンバーヨジンとジヒョが「STREET WOMAN FIGHTER」の「悪魔の編集」について説明した。

ファッションマガジン「VOGUEコリア」は26日、公式YouTubeチャンネルに「YGX」のトーク映像を公開した。

該当映像で、彼らはケーブルチャンネルMnet「STREET WOMAN FIGHTER」のビハインドストーリーを明らかにして注目を集めた。

特にジヒョは「サブ階級ミッションの時、『WANT』チーム(エマ・モアナ)とメイン席をかけてにらみ合いしたように放送されたが、実はそうでもない」と打ち明けた。ヨジンも「何も考えてなかった」とした。

ヨジンは「階級ミッションのミュージックビデオ撮影当時、ジヒョが道を迷っていたので、私たちの位置は床だと伝えたが、日差しが強くて答える姿が睨んだように映った」という説明を付け加えた。

ジヒョは「『床でやるの?』と聞いた場面が(にらみ合いを繰り広げたように)放送された。その日は日差しが強くて前もよく見えなかった」と明らかにした。

それだけでなくヨジンは「今だから言える」と「WayB」リーダーであるNozeの挑発シーンについても言及した。メンバーたちは「ヨジンが言いたいことが多いようだ」という反応を見せた。

ヨジンは「ダンサーたちと1話の初めての出会いを録画をしに降りたのに、PDさんが『気勢で制圧』としたのだ。私のバトル相手がNozeだったし、親しいので『Nozeとバトル? OK』と降りたのだ」と思い出した。

Nozeを心配する姿が「挑発」だと演出された場面。ヨジンは「その時、Nozeが足を怪我してた時で、私はそれに対して大丈夫かと聞いた。放送に出たようにVCR(映像)を見て、衝撃を受けたNozeに聞いたのではなかった。」と伝えた。

WOW!Korea提供

2021.10.28

blank