「赤頬思春期(BOL4)」アン・ジヨン、新曲でカムバックも活動はなし


歌手「赤頬思春期(BOL4)」アン・ジヨンが、新曲でのカムバックを伝えた中、活動は控えると所属事務所が発表した。

最近、所属事務所SHOFARエンターテイメントは、公式SNSチャンネルを通じて「赤頬思春期」の新曲「Space」のミュージックビデオティーザーを公開した。先に公開されたティーザーとは違い、切ない雰囲気を見せる「Space」は「赤頬思春期」のデジタルシングル「Butterfly Effect」の2番目のトラックで、バラード曲である。

公開されたティーザーには、二人の男女の幸せそうな場面の後に、一人寂しそうな表情で考え事をする女性の姿が映っており、曲に対する好奇心を刺激した。

また「私はしばらくの間泣いているだけだったようだ」という歌詞と音源の一部分を公開し、切なく物悲しい感情を込めた「赤頬思春期」ならではのバラードに対し、期待が集まっている。

「赤頬思春期」のデジタルシングル「Butterfly Effect」は、26日午後6時に音源サイトを通じて公開される。

一方、「赤頬思春期」の今回のアルバムに関して所属事務所は、「アーティストがより健康な状態で活動を再開できるよう、今回のアルバムに関連した活動は休むことに決定した」とし、「今後徐々に、様々な活動を通じて皆さんにお会いする予定だ」と伝えた。

WOW!Korea提供

2021.10.25

blank