「イカゲーム」に出演のアヌパム・トリパティ、芸術学校同期の俳優たちとホームパーティー


Netflixシリーズ「イカゲーム」の199番参加者、アリ・アブドル役で出演したインド出身の俳優アヌパム・トリパティが親友の俳優たちと登場した。

22日に放送されたMBC「私は一人で暮らす」では韓国生活11年目の俳優アヌパム・トリパティの部屋で行われたホームパーティーの現場が公開された。

一人暮らしの部屋に客を招待したアヌパム・トリパティはNetflixシリーズ「人間レッスン」のパク・ジュヒョンと、映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」などで助演として活躍した俳優のキム・ピョンジョが登場し、視線を奪った。

アヌパム・トリパティと、パク・ジュヒョン、キム・ピョンジョは韓国芸術総合学校で共に演技の勉強をした大学の同期であり親友として知られている。アヌパム・トリパティは、パク・ジュヒョンとキム・ピョンジョに快く鶏のもも肉を譲る、K-友情を誇った。

三人はアヌパム・トリパティが自ら作った料理でホームパーティーを楽しんだかと思えば、「イカゲーム」の大ヒットをまるで自分のことのように喜び、和やかな雰囲気を作り出す予定だ。

アヌパム・トリパティは演技という夢ひとつで留学に来て11年目、「同期がいなければ耐えられなかった」と話し感動させた。パク・ジュヒョンとキム・ピョンジョは「イカゲーム」の大ヒットを記念し、友達“ヌパム”のためにイベントを準備した。特にハングルで「アヌパム」と刻まれたハンコをサプライズでプレゼントし「これからの契約はこれを使って!」と“仲間”らしいセンスを誇ったとして、期待を集める。

日が暮れて暗くなるとアヌパム・トリパティは、母校である韓国芸術総合学校を訪れた。彼が夜中に野外舞台で一人たたずむ理由は放送で公開される。

WOW!Korea提供

2021.10.23

blank