俳優ナムグン・ミン、点滴を受ける写真に心配の声…先月には心のつらさを訴える


俳優ナムグン・ミンが心痛む近況を伝え、ファンたちから心配の声があがっている。

22日、ナムグン・ミンはInstagramのストーリーに「ハン・ジヒョク(役名)はきっとこんなの必要ないでしょ?」という文章とともに、一枚の写真を掲載した。

掲載された写真には、点滴パックが写っている。

ナムグン・ミンはMBCドラマ「黒い太陽」で国家情報院最高の現場要員ハン・ジヒョク役を演じている。彼は役づくりのため1月から食事管理とトレーニングを開始、14Kgの増量に成功した。

先月17日、ナムグン・ミンはMBCバラエティー番組「私は一人で暮らす」に出演し、バルクアップ後の後遺症を訴えていた。彼は「死にそうです」とし、「毎日、一日一日が疲れる。不安定な人物を演じながら、その気持ちまで感じてしまい、最近とてもつらい」と語った。

一方、ナムグン・ミンが出演している「黒い太陽」は23日に最終回を迎える。

WOW!Korea提供

2021.10.22

blank