スジと交際宣言で話題のイ・ミンホ、グローバル寄付活動が活発 「感動的」

スジと交際宣言で話題のイ・ミンホ、グローバル寄付活動が活発 「感動的」

韓国俳優イ・ミンホの海外ファンクラブが、グローバル寄付活動を活発におこない、話題を呼んでいる。

所属事務所スターハウスは「パラグアイに住むイ・ミンホのファンたちが、2000冊の童話本を伝達し、集めた金額を寄付した。ことし3月、南米パラグアイの図書館建設事業を進めるNGOから感謝の手紙が届いた」と3日、明らかにした。

所属事務所によると、海外ファンたちの寄付活動は広く進められているという。

ことし1月には、イ・ミンホのチリファンクラブがアフリカの慈善団体へ1700ドル(約20万円)を寄付し、持病を抱える子供や住居のない子供たちのために寄宿学校を建てるのに貢献、また昨年にはチリ・パタゴニア地域に「イ・ミンホの森」が誕生した。山火事で多くの死傷者を出し、廃墟と化した地域に現地ファンクラブ会員らが、イ・ミンホの名前で木を寄贈し、「イ・ミンホの森」と名付けたのだ。

中国では、地震救護活動に自ら参加、また図書館を建設する募金活動を着実に進行している。

さらに、イ・ミンホ出演の映画が公開された際には、興行を祈願して寄付活動をおこなったのはもちろん、冬には練炭寄付、長期休みの際に給食の支援が受けられない児童のために米を提供する活動もおこなっている。

所属事務所は「イ・ミンホは寄付プラットフォームを作り、昨年4月から9月までの収益5万ドルをアフリカ・マラウイ井戸事業へ寄付し、実質的な助けのために計画を立てて実行している」とし、「イ・ミンホのファンクラブの真心が込められた動きが、数年間続いている。韓国でスタートし、全世界へスターとファンの温かい活動がひとつの文化として地位を築いたことが感動的だ」と明かした。

一方、イ・ミンホは現在、次回作を検討している。

WOW!korea提供

2015.04.03

blank