「Brave Girls 」1期メンバーパク・ヨンウン、「『Rollin’』逆走行に勇気もらった」


ガールズグループ「Brave Girls」1期出身で、女優シン・ハギュンの姪であるパク・ヨンウンが再跳躍の夢を抱いて、5年ぶりに舞台に上がった。

パク・ヨンウンは21日午後放送された総合編成チャンネルTV朝鮮「明日は国民歌手」(以下「国民歌手」)に出演した。

続いて、自分自身を「『Brave Girls』元メンバーだ。私は『Rollin’』ではなく『知っているの』、『ともすると』、『最近君』という歌まで活動をしていた、お母さんが体が悪くなり惜しくも脱退をした後、ピラティスのインストラクターとして活動している」と紹介した。

キム・ソンジュは「『Brave Girls』が逆走行する姿を見て、気分はどう?」と尋ね、パク・ヨンウンは「1位になったのを見ながら涙も出たし努力すれば成功するのだと思って、『私ももう一度してもいいかな?』という考えもするようになって、今日出演することになった」と答えた。

続いて爆発的な歌唱力と色あせてないダンスの実力でイ・ジェヨンの「すごい君」の舞台を披露したパク・ヨンウンは11個のハートを受け、予備合格した。

WOW!Korea提供

2021.10.22

blank