チョン・ジヒョン&チュ・ジフン出演の新ドラマ「智異山」ときめくケミに期待…3次ティーザー映像公開

この世とあの世の境界、智異山がチョン・ジヒョンとチュ・ジフンに“何か”を見せている。

ケーブルチャンネルtvN15周年特別企画「智異山」(脚本キム・ウニ、演出イ・ウンボク)は、智異山国立公園の最高のレンジャーソ・イガン(チョン・ジヒョン)と、誰にも言えない秘密を持った新入レンジャーカン・ヒョンジョ(チュ・ジフン)が山で起こる謎の事故を調べていくことで明らかになるストーリーを描いたミステリードラマだ。

10月23日の初放送を前に公開された3次ティーザー映像で、新入レンジャーカン・ヒョンジョの登場と共に新たな関係と事件の始まりを予告し、視聴者の期待を膨らませる。

まず、カン・ヒョンジョは特有の図々しさで国立公園で最高のレンジャーソ・イガンの心の壁を崩す。「何なの?」と警戒する彼女に「大変そうだと思って起こしてくれたのか?そうじゃなかったらこれ?」とつかんだ手を持ち上げ遊び心いっぱいの笑顔を浮かべている。ソ・イガンはそんなカン・ヒョンジョを見て正常じゃないと判断し、今後の2人のケミストリー(相手との相性)を期待させる。

続く智異山の両面性が視線をひきつける。感嘆を誘う緑の森も夕暮れ時を迎え、濃い霧がかかると寂しい雰囲気を漂わせる。遭難者を探すかのよう緊迫した様子で走るソ・イガンとカン・ヒョンジョの姿に緊張感が高まる。

特に「山がまた何かを見せてくれるはず。何が起こるのか」というカン・ヒョンジョの言葉は、まるで智異山が警告のメッセージを送っているかのようだ。真っ白な雪の上に散った血痕やポンチョを着た正体不明の人物の後ろ姿が尋常でない出来事の発生を推察させる。

果たして山で何が起こりその実体は何なのか、「犯人は他にいた」というソ・イガンの鋭い推理とカン・ヒョンジョの冷たい視線は誰に向けられたものなのか、予測不可能の謎に注目が集まる。

2021.09.27

blank