BTS(防弾少年団)ジミンのミャンマーファン、ジミンの誕生日を記念し献血で分かち合い実践…感動の善行

グローバルグループBTS(防弾少年団)ジミンの27歳の誕生日を記念し、ミャンマーのファンたちが献血リレー生命分かち合いに参加し、温かい感動を伝えている。

ミャンマーのジミンファンベース「JIMIN LAND Myanmar」「LittleJMMyanmar」「ALLFORPJM13」は、ジミンの誕生日プロジェクトの一環として、ファンと共に献血に参加したと報じた。

彼らは「献血は世界で最も寛大で高貴であるため、ジミンの誕生日プロジェクトとした」と、ミャンマー最大の都市であり、産業や商業、貿易の中心地であるヤンゴンにある国立血液センターで50人が献血に参加したと伝えた。

続いて「ジミンがいつも私たちに明日を生きるための力をくれるように、私たちの献血が他の人たちの生存のための希望になれば」とプロジェクトを進めることになった動機を伝え温かい感動をプレゼントした。

ジミンのファンこれまでも献血で“生命の分かち合い”に参加してきた。


昨年までの3年間、献血リレーに参加した人数は合計1,364人に達し、献血リレーに参加したファンの大多数が献血証も寄付している。

またジミンも最近、非営利ボランティア団体「国際ロータリークラブ」第3590地区に ポリオ(急性灰白髄炎)患者のために1億ウォンを寄付した事実が、2ヶ月後、あるファンにより偶然発見され伝えられた。 その他にも後輩たちのためにとプサン(釜山)とチョルラナムド(全羅南道)の教育庁にそれぞれ1億ずつの寄付や制服支援を行うなどの善行を続けてきた。

このように、自発的な分かち合いの参加やスターの誕生日記念として企画された寄付や支援は、殺伐とした現代社会に肯定的な価値を付与し、グローバルファンに良い影響を及ぼし、美しいファン層の文化を作り上げている。

2021.09.27

blank