<トレンドブログ>「SHINee」Key(キー)、Beyond LIVEを盛況に終える…“2年7ヶ月ぶりのソロコンサート...こんなふうにでも会えて幸せ”


グループ 「SHINee」のKey(キー)が、オンラインソロコンサートで、ニューアルバムの収録曲とタイトル曲のパフォーマンスを初公開しました。

Keyは26日、NAVER V LIVEのBeyond LIVEチャネルを通じて、ソロコンサート「Beyond LIVE - KEY:GROKS IN THE KEYLAND」を開催して全世界のファンたちと会いました。

27日、ファーストミニアルバム「BAD LOVE」のリリースを控えているKeyは、この日ファーストミニアルバムの収録曲「Helium 」と「Yellow Tape」のステージでコンサートの火ぶたを切りました。

Keyは洗練されたメロディとマッチした致命的なパフォーマンスで、観客の視線を一気にひきつけました。 Keyは「2年7ヶ月ぶりにまた違うユニバースで戻ることになって、緊張もするし、ときめいたりもする。 アルバム進行前に初めてのクエストの中の一つなので、この見慣れないものをシャウォルの方々にどのように説明してさしあげなければならないか、とても悩んだ。 久しぶりにしようとすると容易ではない。 もう18歳ではないので、理解してほしい」というウィットに富んだあいさつで笑いを誘いました。

引き続きKeyは、「今回のコンセプトがレトロヒューチャリズムあが、過去に考えた未来のようなSFものがとても好きで、コンセプトが中間中間溶け合っているからたくさん期待してくださるように願う」として、「『SHINee』のコンサートで4月に会ったが、その時は今ぐらいになれば、会ってコンサートができるようになるのではと思ったが、まあ、こんなふうにでもあいさつを交わすことができて幸せだ。 いつになるかわからないが、よく待ってみよう。一生こうなわけではないだろうから」と、伝えました。

Keyはまた、その他の収録曲や新曲「BAD LOVE」を初公開して、約100分間のコンサートを盛況に終えました。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.09.26

blank