「バラコラ」ユン・ウネvsキム・ドンワン(SHINHWA)、新番組で料理対決!スターシェフが認めた“初代クックキング”は?


JTBCの新しい料理バラエティ「クックキング:料理王の誕生」が9月23日(木)にスタートした。

番組名から分かるように、“料理王”のイスをかけ、料理の上手い芸能人がトーナメント形式で料理対決を繰り広げる番組だ。特に、これまでの料理バラエティとはスケール感の違う超豪華セットが目を引き、「冷蔵庫をお願い」をヒットさせたJTBCの本気度が伺える。

MCはソ・ジャンフンとユ・セユンに加え、チョン・ユンジュンが実況を担当し、審査員は「冷蔵庫をお願い」に出演していた看板シェフたち。制限時間30分で、与えられたテーマの料理を完成させなくてはいけないため、臨場感や緊迫感も。番組のイメージとしては、日本の「料理の鉄人」に近く、その芸能人版といったところか。

初回放送では、トーナメントに4人の芸能人がエントリー。女優ユン・ウネ、キム・ドンワン(SHINHWA)、トロット歌手パク・グン、歌手イ・サンミンが登場した。MCのソ・ジャンフンが、この番組が始まるにあたり、「知ってるお兄さん」(JTBC)で共にレギュラーを務めるイ・サンミンを収録のたびに、出演しないかと口説いたらしい。

第1ラウンドのテーマは「海産物」。A組はキム・ドンワンvsパク・グン、B組はユン・ウネvsイ・サンミンだった。まずA組はキム・ドンワンが和食、パク・グンが中華で勝負。特に、日本料理を習っているというキム・ドンワンはマグロのロール寿司とたたきの2品を作ったが、包丁さばきが見事で、冷静に料理に集中していた。

このとき、審査員席から、「日本料理は包丁の味、中華料理は火の味、韓国料理は手の味」という言葉があるという話が出ていたのも興味深いところだった。審査員5人の投票結果、盛り付けが美しく、見た目も完璧だったキム・ドンワンが4対1で勝利した。

B組は、ユン・ウネがタコとエビでコース料理を作ったのが目を引いた。ユン・ウネはこれまでリアリティ番組などでも、料理をちゃちゃっと作る手際の良さを見せているが、20年以上芸能界にいる身としては、どうせやるならインパクトのある料理に挑戦したいと思ったとか。

(2ページに続く)

2021.09.26

blank