イ・ジョンソク、俳優としての変化そして楽しむ姿も美しい…次回作「Big Mouse」は“挑戦”

俳優イ・ジョンソクが次回作について言及した。

24日、ファッション誌「ARENA HOMME+」は10月号のカバーを飾ったイ・ジョンソクのグラビアを公開した。高級ブランドのアンバサダーとして2021 F/Wコレクションとともにした今回のグラビアのテーマは“現実と歪曲、変形と反復による現実と非現実の混在した場面”だ。

イ・ジョンソクはデジタル効果により歪曲された背景に立ち、現実と仮想空間を通じる姿を演出した。


続いたインタビューで彼は撮影を終えた映画「The Witch/魔女2」「デシベル」に対する期待感を示した。 彼は「『The Witch/魔女2』は悪役ではない悪役のようなキャラクターなので面白い役だ」とし、「『デジベル』はシナリオを見たがすらすらと読めた。“この役は挑戦してみる価値がありそうだ”と思って出演を決めた」と明らかにして期待を高めた。

また、イ・ジョンソクはtvN新ドラマ「Big Mouse」を復帰作として選んだ理由も伝えた。 彼は「(実年齢よりも)年齢が少しある役だ。既婚という設定でもある。私が演じるとなれば挑戦することになり、ストレスを感じて“うまくやらなければ”という強迫観念に悩まされそうだが、そうするほどの価値があると思った。 面白そうだと思ったし、新鮮だと思った」とし、俳優としての変化と楽しむ姿を見せた。

2021.09.24

blank