外信も絶賛したBTS(防弾少年団)の国連総会演説…“100万人以上が視聴”


グループBTS(防弾少年団)が、“未来世代と文化のための大統領特別使節”の資格で第76次国連総会で演説を通じて伝達したメッセージに外信も注目した。

BTSは20日開催された国連総会特別行事「持続可能発展目標(SDG)モーメント」の開会セッションで、青年と未来世代の声を全世界に伝達した。 パンデミック状況の中で、より健康に生きていくために努力する若い世代の話などを紹介して共感を形成した。

BTSは、挑戦を恐れない未来世代に対して「新型コロナによる“ロストジェネレーション”でなく、“ウェルカムジェネレーション”という名前がより似合う。 変化を恐れるより“ウェルカム”と話して今後歩いていく世代という意味」と、強調した。 メンバー全員が韓国語で演説したのに続き、会議場など国連総会のあちこちを縫って軽快な魅力の「Permission to Dance」のパフォーマンスを繰り広げて耳と目を集中させた。

アメリカの有力メディアはこのようなBTSの歩みを大きく扱った。 ニューヨークタイムズは「国連のメイン舞台に上がったBTS...100万人以上のファンたちがリアルタイムで見守った」というタイトルの記事をホームページに掲載した。 ワシントンポストも「100万人の視聴者たちが月曜日を最も熱い雰囲気にした行事を見守った」と言及した後、「7人のメンバーは若い世代の経験を分けて、未来を見る観点がパンデミックによってどのように変わっているのかに対して話した」と、伝えた。

音楽専門メディアのビルボードは「BTSは愛と共同体のメッセージをグローバル舞台に持ってきた。 彼らは世界をさらにきれいで効率的なところにするために集中する若い世代に希望のメッセージを伝達した」と、紹介した。

BTSが2018年と2020年に続き、2021年も三度目に国連演説に参加したことに対して、IT専門メディアのMashableは「BTSはもう国連の常連」と評したし、ローリングストーン、バラエティー、Teen Vogueなど、主なマスコミがBTSの国連総会演説とパフォーマンスを集中照明した。

一方、BTSは第76次国連総会演説とUN SDGモーメントインタビューをはじめ、メトロポリタン美術館韓国室の訪問、アメリカABC放送とのインタビューなど、活発な特使活動を繰り広げている。

2021.09.22

blank