SEVENTEENのジョンハン、ホシ、ミンギュ3人がGINGER表紙に初登場で発売前から話題沸騰! 巻頭では誰もが今、気になっている“おしゃれとお金のいい関係”を特集。岡田健史の連載最終回も必見

9月21日(火)全国発売のGINGER2021年11月号には、今、世界中を席巻しているK-POPのなかでも最注目の「SEVENTEEN」メンバーの3人が表紙に初登場。カバーストーリーでは10ページにわたり、彼らの魅力について掘り下げます。特集では「賢いお金の使い方が、おしゃれや豊かな生活に繋がっていく」という今の時代に持つべきマインドをテーマに、お金との向き合い方、活かし方をあらゆる角度から紹介します。

海外アーティストのボーイズグループがGINGERの表紙を飾るのは創刊以来初!
今、世界中を席巻しているK-POP。そのなかでも次々に話題を振りまいているSEVENTEEN。2015年に韓国で誕生した13人組ボーイズグループ、通称“セブチ”は、日本でも圧倒的な人気を誇り、シングル2作連続で売上30万枚を突破。「自分たちで作品を作り上げる“自主制作アイドル”」「個性が光る“3つのユニット”」「13人がシンクロする圧巻の“カル群舞”」といった、彼らを表現するワードは数知れず。今回はメンバーを代表してジョンハン、ホシ、ミンギュの3人が表紙、そしてカバーインタビューに登場。ラグジュアリーブランドのセットアップをさらりと着こなし、踊るようにポーズをとりながらの3人のファッションシューティングは圧巻でした。今回は特別にサイン入りポラロイドのプレゼント企画も実施。さらにインタビューは2号連続で掲載され、次号もまた今号とはまったく違う表情の2ショット&クロストークを披露します。

ニューノーマル時代、今知っておきたい「おしゃれとお金のいい関係」
ニューノーマル時代と呼ばれる今、活きたお金の使い方ができてこそ、おしゃれを十分に楽しめて豊かな生活が送れるはず! 学校では教えてくれなかったお金の真実についてGINGERが特集します。心地よいお金の使い方は人それぞれ。まずは川口春奈が「1万円という予算で何をする? 何を買う?」を紹介。贅沢ブランチ、愛犬へのご褒美アイテムを大人買いなど、個性豊かな使い方を披露。私たちの服選びも今までよりもっと見極めが大切になり、買うべき理由を明確に、買いの基準をしっかり持つ必要があります。この秋のおしゃれを更新する、本当に使えるトレンドや+αの付加価値で選ぶ“可愛いだけじゃない服”は何か。さらに、注目のサブスクを利用すると、どこまで生活は向上するのかを、担当エディターがリアル体験。そしてベッキー、小倉優子、山田優、壇蜜からはお金が巡る体質になるためのルールを、30代で1000万円貯めている3人にはそれぞれのリアルマネースタイルを取材しました。

■川口春奈 1万円で何を買う?
■もう失敗しない!「買いの決め手」3つのポイント
■ファッション業界人発! おしゃれの明細
■「老けない」ための投資美容
■1000万円貯めた3人のリアルマネースタイル
■お金にまつわるみんなの不安を一挙解決!  and more

(2ページに続く)

2021.09.21

blank