「SHINee」ミンホ、「ユミの細胞たち」ウギとシンクロ率100%…視聴者たちの恋愛細胞も刺激


ドラマ「ユミの細胞たち」で、「SHINee」のミンホがドラマのオープニングを華麗に飾りました。

ミンホは、17日初放送されたTVINGオリジナル「ユミの細胞たち」で、大韓ククスの営業部社員“チェ・ウギ”役で特別出演して熱演を繰り広げました。

ミンホが演じたチェ・ウギは、優れた能力と周囲の人をよく気づかうキメ細かさ、ビジュアルまですべて備えて社内の人気を一身に集めるキャラクターで、ミンホと独歩的なシンクロ率を見せて放送前から話題を集めました。

第1話の放送では、チェ・ウギがあたたかい微笑みと親近感のある話し方で、3年目昏睡状態であるユミ(キム・ゴウン)の恋愛細胞を起こして、細胞の村をピンク色に変化させる猛活躍を広げて、お茶の間にときめきをプレゼントしました。

特にチェ・ウギは、残業で遅くなったユミを待って車で送ってあげたり、フラワーフェスティバルに一緒に行こうと誘ったりして、ユミはもちろん視聴者たちまでドキドキさせたし、放送終盤では本心細胞の登場と共にユミに「一緒に行こう、ウギ」と言わせました。

この過程でミンホは、完ぺきなビジュアルとSweetな言葉でウェブ漫画の中の“チェ・ウギ”キャラクターを完ぺきに実写化するのに成功したし、安定した演技力でドラマをより一層豊かにして“特別出演のとても良い例”として好評を得ました。

一方、ミンホの活躍に力づけられて熱い反応を得ているTVINGオリジナル「ユミの細胞たち」は、細胞たちと一緒に食べて恋愛して成長する平凡なユミの話を描いた細胞刺激共感ロマンスです。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.09.19

blank