波乱万丈の3年間を過ごしたユチョン(JYJ)、韓国内ファンの前で涙…そして再起を誓う

2018.06.05

波乱万丈の3年間を過ごしたユチョン(JYJ)、韓国内ファンの前で涙…そして再起を誓う

韓国の人気グループ「JYJ」パク・ユチョン(32)が韓国内外のファンの前で感謝の涙を流した。そして、各事件・事故に傷ついた彼は再起を誓った。

パク・ユチョンは去る4日、ソウル・YES24ライブホールにて誕生日を記念したファンミーティングを開催した。これは3年ぶりに(韓国)ファンに公式的に会う場だった。パク・ユチョンは入隊前の2015年8月、キム・ジュンス(31、JYJ)と共にファンイベントをおこなっている。

今年3月、東京でのファンミーティングを成功させたパク・ユチョンは今回、国内ファンと思う存分に触れ合った。久々に再会したファンを見て感激し、「つらい瞬間も皆さんのおかげで耐えることができ、また皆さんのおかげで笑うことができた」と感謝の意を伝えた。

パク・ユチョンのこの3年間は波乱万丈だった。2015年8月から社会服務要員として入隊したが、翌年の6月から4度に渡って性的暴行容疑で告訴され、法的攻防が始まった。告訴人A氏とB氏は自身が働く遊興施設(風俗店ではない)のトイレでパク・ユチョンから性的暴行されたと主張した。

(2ページに続く)

・<トレンドブログ>「JYJ」パク・ユチョン、単独ファンミの中で「東方神起」に言及する!?

・「PHOTO@仁川」パク・ユチョン、ファンミーティングのため日本へ出国

・<トレンドブログ>「JYJ」ユチョン、台湾ファンミを前に中国語でメッセージを届ける。

・JYJパク・ユチョン、“除隊後初の日本でのファンミ、感動してたくさん泣いた“