「インタビュー」映画 「私を憶えてる」イ・ユヨン“青少年犯罪、傍観していた私たちにも責任がある”

2018.05.01

写真=オアシスエンターテインメント

 

「実際に性犯罪被害を受けた人でなければ、その苦痛は想像すらできない思います。トラウマも並大抵ではないと思います。そのため責任感を持って演じました。こんなことが再び起きて欲しくありません」

映画「私を憶えてる」(監督:イ・ハヌク)に出演したイ・ユヨンはこのように話した。彼女は、映画の中で性犯罪事件の中心に立つ、女性教師ハン・ソリン役を演じた。14年前に韓国全土に衝撃を与えた性犯罪事件の被害者で、当時女子高生だった彼女は、先生になって同じ方法でまた被害に遭う。

「同じことが繰り返された時のその恐怖心は、とてつもないでしょう。過去を隠し、やっと平凡な人生を生きているのに、再びそのようなことが起こったら、死ぬまで辛いと思います。立ち直るのは、最初よりもっと大変だと思います。だから、監督も私もハン・ソリンという人物を強く表現したかったです」

イ・ユヨンは「青少年犯罪や性犯罪などの記事をたくさん読みました」と話した。また、説得力のある表現をするために、加害者と被害者の心理状態を把握しようと努力したという。

「記事を見ながら、青少年犯罪の深刻性を悟りました。何よりも青少年の子供たちは、犯罪を犯した時、自分がなぜ犯罪を犯したのかよくわかっていないのです。それが残念だと思いました。大人たちが間違っていると思います。犯行を行った子供も当然悪いけれど、このような事件が起こるまで傍観していた私たちにも責任があるということです」

(2ページに続く)

・【公式】女優イ・ユヨン、現所属事務所と再契約 ”絆守る”

・女優イ・ユヨン、“恋人”故キム・ジュヒョクを言及「変わらず恋しい」

・故キム・ジュヒョク出棺式で恋人イ・ユヨンも霊柩車に搭乗…多くの芸能仲間が最期を見送る

・故キム・ジュヒョクの恋人イ・ユヨン、彼の傍を2日間はなれず… 「憔悴しきっている」