Wanna One”を輩出した「プロデュース101」出身の新世代K-POPソロアーティストSamuel[サムエル]。2月7日に日本デビューシングル「SIXTEEN-Japanese Ver.-」が発売決定!2月の来日イベントも発表!

2017.12.28

今大注目の新世代K-POPソロアーティストSamuel[サムエル]が、2018年2月7日(水)に日本デビューシングル「SIXTEEN-Japanese Ver.-」を発売することが決定した。Samuelは11歳の時にK-POPグループ “SEVENTEEN”の練習生として活動。その後“Wanna One”を輩出したMnetのオーディション番組「プロデュース101シーズン2」に出演し、卓越した歌唱力、圧巻のダンスパフォーマンス、目を見張るルックスで視聴者を夢中にさせ、その類稀なる才能に注目が集まり、今年韓国でソロデビューを果たした。

日本デビューを飾る今作は、今年8月に韓国でソロデビューした「SIXTEEN」の日本語バージョン。Samuel自身16歳ということもあり、曲のテーマには、”16歳同士のsweetな恋”だけでなく、リアルな等身大のキラキラとした輝きが映し出されている。サビで繰り返される「Sweet 16」という印象的なフレーズとトロピカル調のトラックが絶妙に融合した楽曲である。

カップリングには、韓国でリリースされたオリジナルの「SIXTEEN」に加えて、M3には「123 (One Two Three)」、さらに通常盤のみにメロウな「With U」も収録され、日本語曲・韓国語曲どちらの魅力も詰まったシングルとなる。(2ページに続く)