「取材レポ」(CLC編)CLC&ノ・ジフン&MAMAMOO、3組の異なる音楽カラーで魅せた!「 “K-POP LOVERS!”SHOWCASE Vol.5」開催

2017.01.08

左からスンヨン、ソン、ウンビン、ユジン、エルキー、スンヒ、イェウン

タワーレコード渋谷店が主催し、今大注目のK-POPアーティストが出演する「 “K-POP LOVERS!”SHOWCASE Vol.5」が7日(土)、東京・品川インターシティホールで開催された。今回はCUBEエンターテインメントからガールズグループCLC、男性ソロ歌手ノ・ジフンの2組、そして現在韓国で大人気を博している実力派4人組ガールズグループMAMAMOOが出演。全く異なる音楽スタイルの3組がそれぞれの魅力で会場を大いに盛り上げた。

トップバッターを務めたのはCLC。グループ名は水晶のようにきれいで透明という意味で、いつも鮮明な光を放つクリスタルのように変わらない魅力を持ったグループになる、というメッセージが込められている。昨年4⽉には1stミニアルバム「High Heels」で日本デビューを果たし、7月には日本2nd ミニアルバム「チャミスマ」をリリース。精力的な活動を展開し、着実にファンを増やしている。

(2ページにつづく)