「Brave Girls」ユジョン、オーディション参加者を応援「最後まで耐えてほしい」=「極限デビュー 野生ドル」


グループ「Brave Girls」のユジョンがチャート逆走行神話を振り返った。

17日午後、MBC新サバイバルオーディション番組「極限デビュー 野生ドル」が初放送された。

「極限デビュー 野生ドル」は、45人の志願者が最高のK-POPアイドルになるため、野生の中で体力と実力、隠された可能性などをくまなく評価され、そこで繰り広げる極限のデビュー戦争を描く。

「順位がすなわち生存だ」というMCのキム・ジョングクの紹介に、ユジョンは「そうだ。私たちも生き抜くのが大変だったので、諦めようと思っていた。その時、奇跡のようにいいことが起きた」と「Rollin’」がチャートを逆走行した当時を振り返った。

続いて「私なんかが言えたことではないが、最後まで耐えてほしい」と応援のメッセージを伝えた。

キム・ジョングクは「強い者が長く生き残るのではなく、長く耐える者が強い者だ」と共感した。

WOW!Korea提供

2021.09.17

blank