【公式】“中学生投げ銭”騒動のralral側、全額返還&放送通信委員会やアフリカTVからの圧力ではないと表明「歪曲された結果に遺憾」


YouTuber(ユーチューバー)兼「アフリカTV」BJ(Broadcasting Jockey)のralralが、“投げ銭”の払い戻しをめぐる論議について釈明した。

15日、ralralの所属事務所JDBエンターテインメントは公式立場を通じて「ralral氏は自身の番組に高額の投げ銭をした未成年の視聴者の実姉から再び連絡を受け、(投げ銭をした)後援人が居住する地方に訪問し家族と対面した。そしてその家族に対する一連の状況を伝えられたralral氏は投げ銭を全額返還した」と明らかにした。

以下、ralral側の公式立場全文

こんにちは。
ralralの所属事務所JDBエンターテインメントです。

当社所属のralral氏に関連した本人の立場をお伝えしようと思います。

まずralral氏は自身の番組に高額の投げ銭をした未成年の視聴者の実姉から再び連絡を受け、後援人が居住する地方に訪問し家族と対面しました。そしてその家族に対する一連の状況を伝えられたralral氏は投げ銭を全額返還しました。ただ家族たちとの対話を通じて、まだ中学生である後援人の衝動的な消費と、このようなことの再発を防止しようとする目的で本人にはその事実を秘密にしていました。放送通信委員会やアフリカTVの仲裁や圧力で払い戻しの措置を取ったという推測は、まったく事実ではないことをはっきりと申し上げます。

さらにralral氏はその未成年の後援人が払い戻し措置となった事実を知ってはならない部分や、自身のYouTube放送でも伝えたように、払い戻し措置を取ったことが明らかになった場合、好ましくない先例として悪用されかねないことを懸念してきました。したがって記事にされるのを望んでいなかったのですが、一連の過程が事実と異なって伝わったのでこのようにralral氏の立場を伝えます。

善良な気持ちで後援人と対面し、正しい将来のために先導しようと真実を知らせないことが歪曲された結果を生んで残念です。ralral氏に対する虚偽事実の流布や悪意的なオンラインの掲示物の掲載、根拠のない中傷は控えてくださることをお願い申し上げます。またその家族の方々のためにも、これ以上論議が広がらないことを願っております。

WOW!Korea提供

2021.09.15

blank