「2AM」スロン&ジヌン、JYPと契約満了…JYP離れ新たな事務所へ移籍

「2AM」スロン&ジヌン、JYPと契約満了…JYP離れ新たな事務所へ移籍

韓国アイドルグループ「2AM」のスロンとジヌンがJYPエンターテインメント(以下、JYP)を離れる。事実上、昨年末に決定されていた事項で、一部の歌謡関係者とメディアもすでに状況を把握していた。しかしJYPはこの過程で極力報道自制を要請し、外部に言葉を慎んだ。なぜなのか。

2008年シングル「この歌」でデビューした「2AM」は7年でそれぞれの道を行くことになった。現在JYPと再契約をしたメンバーはチョ・グォン(2AM)の1人だ。スロン(2AM)はサイダスHQと新たに契約し、ジヌン(2AM)はミスティック89と最終的な調整をしている。

チャンミンはJYPと4か月ほどの契約期間が残っており、マネジメントはBIGHITエンターテインメントに委託された状態だ。そのためチャンミンの今後の計画はまだ決まっていない状況だ。

「2AM」の契約満了時点はすでに歌謡界では知られていたもの。メンバーが新たな会社と接触し、各自の道を行くことになることは既成事実だった。しかしJYPがこれについて言葉を慎んだのには「そうすれば2AMが事実上、解散することになるのではないか」という視線に対する懸念があったためだ。

関係者は「今後の2AMはgodのような概念で見ることができる。事実上、解散ではない」とし「これまで家族のように過ごしてきた2AMのスロンとジヌンが新しい挑戦をするものであり、2AMの存続するかどうかは可能性が開かれている。ただし一部のメンバーが所属事務所を移籍したが、いつでも2AMは良い機会があれば1つのチームとして活躍を続けて行くだろう」と伝えた。

さらに契約過程において、サイダスHQと比較的早く契約を結んだスロンとは異なり、ジヌンとミスティック89が文書化契約進行において、多少時間がかかり、JYPが彼らの去就について、より慎重を期した部分もある。

一方「2AM」は2010年よりJYPとBIGHITの共同管理を受けてきており、2014年4月「2AM」はBIGHITエンターテインメントを離れ、JYPのもとに戻ってきた。当時もBIGHITとJYP側は「2AMのグループ活動には変化はない」と明かしていた。

WOW!korea提供

2015.03.26

blank