「インタビュー」チョン・ヘイン、“軍隊の暗くて不条理な現実に直面しなければならない「D.P.」という作品を務めることにプレッシャーも感じた”

「兵営文化が大幅に改善されたとはいえ、それでも胸が痛い事件や事故がニュースに出てきます。軍隊内の過酷行為が消える道、国の召命を受ける青年がすべて元気で除隊できる日が来ることを切に望みます。」

俳優チョン・ヘインが、演技的な変身に成功したと評価されているNetflixスシリーズ「D.P.-脱走兵追跡官-」出演の心境をこのように明らかにした。チョン・ヘインは1日、ビデオで行われたインタビューで「これまでの作品をあわせた中で最も感じるところが多く、実際の私の軍生活を多く振り返るきっかけになった」として「D.P.」シーズン1を終えた心境と来るべきシーズン2への期待を示した。


「D.P.」は、脱走兵をとらえる軍部離脱逮捕組(D.P.)に所属した二等兵アン・ジュノ(チョン・ヘイン)と上等兵ハン・ホヨル(ク・ギョファン)が、様々な事情で軍隊を脱出した脱走兵を追う過程で向き合うことになった現実を描く。先月27日、Netflixを通じて全世界に公開された。累積再生数1000万ビューを突破したキム・ボトン作家の人気ウェブ漫画「D.Pの日」が原作だ。


チョン・ヘインは劇中、暗鬱な社会の現実に耐えられず逃げるよう軍に入隊するが、偶然に発令されたD.P.で別の厳しい現実に直面する二等兵アン・ジュノを熱演した。ハ・ホヨルと共に脱走兵の跡を追う過程で、彼らを軍隊の外に追いやった暴力と不条理に悟って挫折する瞬間が多いが、それほど大きく成長したキャラクターだ。

(2ページに続く)

2021.09.04

blank